ここから本文です

【王将社長射殺事件 黒幕と疑われた男の告白(下)】私を犯人扱いした京都府警

デイリー新潮 9/28(水) 16:01配信

 2013年に起きた「餃子の王将」の大東(おおひがし)隆行社長射殺事件。この事件を受け、経営母体である「王将フードサービス」の第三者委員会は、約260億円の資金がA氏に流出し、約170億円が未回収であるとの「調査報告書」を公表した。

 このA氏こそ、部落解放同盟のドン、故・上杉佐一郎氏の異母弟にして、美空ひばりの最後の後見人だった上杉昌也氏(72)である。不動産業やゴルフ場経営などを手掛けている氏は、京都府警からの事情聴取を受けたほか、殺人容疑で会社を家宅捜索もされている。これに対し、

「なぜ、私が“人殺し”の汚名を着せられねばならないのか」

 と、上杉氏は事件への関与を否定する。報告書の“約170億円が未回収”についても、「話の根拠もさっぱり理解できません」というのだ。

■債権放棄

「(170億円の)内訳を見ると、『王将』の子会社である『キングランド』から、私が185億円を借金し、95億4000万円は返済したものの、89億6000万円の債務が残ったなどとされている。

 さらに、ゴルフ場のホテルを31億円で『王将』に売却し、のちに8億円足らずで買い戻したとか、雲仙の旅館も20億円で売りつけながら3億円弱で買い戻したりと、まるで不当な取引を行ったかのようです。

 それらの数字にはまったく身に覚えがありませんが、ただ、取引自体は、私が『王将』から50億円の融資を受けたことが発端になっています。

 私が福岡でゴルフ場をオープンしてからしばらく経ち、95年に住専問題が起こりました。私の経営する会社も、住専の大口融資先でした。そのため、中坊公平弁護士率いる住管機構から債権回収のターゲットにされた。98年の4月13日から3日間、住管機構の職員約200人が大挙して押しかけてきて、特別調査を受けました。挙げ句、その月の27日までに50億円の返済を要求された。猶予はわずか2週間しかなく、私はギブアップする覚悟を決めました。

 たまたま、朝雄さん(※『王将』創業者・加藤朝雄氏)の次男で、『王将』の財務担当の専務だった欣吾さんに、『もう、お手上げですよ』と、電話で愚痴をこぼした。当時、社長は長男の潔さんでした。

 すると、2日後、欣吾さんから『それくらいだったら、うちでなんとかします』と、50億円を用立ててくれたのです。まさしく、地獄に仏とはこのことでした。

1/3ページ

最終更新:9/28(水) 16:01

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。