ここから本文です

豊洲の「ベンゼン」「ヒ素」は基準値以下でも危険なのか

デイリー新潮 9/28(水) 5:58配信

 モノは言い様である。地下の床に溜まっている水を共産党が調査した結果、

「猛毒のヒ素が環境基準の4割に及ぶ値で検出されました」

 と公表。その一方で、都も同様に調べたところ、ベンゼンは確かに検出された。が、環境基準値を超えることはなかった。共産党の場合、「猛毒」とか「4割」が独り歩きするが、何のことはない、ベンゼンもヒ素も基準値以下なのだ。では、そのレベルで危険なのか否か。

 京都大大学院(工学研究科都市環境工学専攻)の米田稔教授によると、

「検出されたヒ素は井戸水に含まれているような、自然界に存在するのと同じレベル。たとえば海水1リットル中の平均的ヒ素濃度は0・002~0・003ミリグラムで、共産党の調査結果と同等。つまり、ヒ素濃度という点では遊泳中にうっかり海水を飲んでしまうのと変わりません」

 また、揮発性で発がんリスクが高いとされるベンゼンについては、

「ベンゼンは線香の煙や排ガスなど、身の回りに存在しています。ただ、環境基準程度のベンゼンを含む空気を毎日吸い続けても増える発がん確率は、0・001%。対して、副流煙が流れる場所で生活しているときの肺の発がん確率は、約1%に跳ね上がります」(同)

 ごく単純に言えば、煙草の発がんリスクはベンゼンに比べ、1000倍も高いというわけだ。

「これまでのモニタリング結果からも、施設内の大気は東京都内と同レベルと考えて良い。たえず副流煙が漂っているような状況に比べれば、施設内で過ごした場合の発がん確率は無視できる程度なのです」(同)

 基準値とはそもそも、厳しく見積った数字と言えよう。

「特集 地下に溜まった怪しい強アルカリ水! ピラミッドより謎多き豊洲の巨大建造物! 意味不明が多すぎる『豊洲のパンドラ』20の疑問」より

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載

新潮社

最終更新:10/4(火) 11:26

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。