ここから本文です

高畑淳子“座長”にスタンディングオベーション 舞台「ゆきまろげ」開幕

デイリー新潮 9/28(水) 16:55配信

 その場の弾みでついた嘘をカバーしようと、また嘘を重ね、まるで転がる雪玉(雪まろげ)のように嘘が大きくなって……というのが森光子のために書かれた舞台『雪まろげ』の主題だ。

 舞台評論家はいう。

「森さんの、嘘つきの女を演じてみたい、との一言で出来た作品。『放浪記』、『おもろい女』とともに森さんの3大作品のひとつで471回上演されています。別の人が同じようにやるのは難しい。でも彼女なら……」

 と白羽の矢が立ったのが高畑淳子(61)。息子の逮捕、不起訴、釈放を経て、高畑を座長とする「雪まろげ」が9月24日、足立区北千住のシアター1010で幕を開けた。700席の客席はおばちゃんで一杯だ。

「高畑さん、元気になって安心したわ。やっぱり息子って甘やかしちゃうのよね。何時までだっけ? あら8時! 長いわねえ」

 芝居より彼女に同情して見に来たようだが、青森の浅虫温泉を舞台に、温泉芸者の嘘に始まるスッタモンダを3時間堪能した後は、スタンディングオベーション。

 上演後に別の客に聞くと、

「舞台女優だというからどれだけ凄いのかと思ったけど……顔のでかさが気になっちゃって。オバサンしすぎていて、的場浩司(47)と恋仲になるという設定が無理。芸者仲間の榊原郁恵チャン(57)のほうが色っぽかったし、声も聞きやすい。やっぱり『ピーターパン』で取った杵柄かしら?」

 前出の舞台評論家はいう。

「6キロ痩せたとか言われていますが、息子さんの事件で憔悴したんでしょうね。それだけ痩せれば顔も余計に大きく見えますよ。でもね、高畑さんはミュージカルから、翻訳物、歌も踊りもコメディだってこなす。男を翻弄する役どころも、本来であれば茶目っ気たっぷりに演じられる女優です。公演は12月まで全国で続きますから、立ち直ってくれるといいのですが」

 嘘でない、本物高畑淳子の演技が見られるのはいつになるだろうか。

「週刊新潮」2016年10月6日号 掲載

新潮社

最終更新:9/29(木) 16:03

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。