ここから本文です

PPV新企画“イン・ユア・ハウス”ブレットVS白使――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第189回(1995年)

週刊SPA! 9/28(水) 9:10配信

 WWEのPPV(ペイ・パー・ビュー=番組ごとの視聴契約による有料放映プログラム)がそれまでの年間5イベントから年間9イベントへ拡大されたのは1995年。ミニPPV路線第1弾として“イン・ユア・ハウス”(ニューヨーク州シラキュース、オナンダガ・カウンティー・ウォー・メモリアル・センター)が開催されたのは4.2“レッスルマニア11”からちょうど6週間後のことだった。

 5.14“イン・ユア・ハウス1”のラインナップは“ヒットマン”ブレット・ハート対白使(新崎人生=みちのくプロレス)、レーザー・ラモン(スコット・ホール)対ジェフ・ジャレット&ローディーのハンディキャップ・マッチ、メイベル対アダム・ボム、オーエン・ハート&ヨコヅナ対スモーキング・ガンズ(バート・ガン&ビリー・ガン)のWWE世界タッグ選手権、ブレット対ジェリー・ローラー、ディーゼル(ケビン・ナッシュ)対サイコ・セッドのWWE世界ヘビー級選手権の全6試合。

 WWE世界王座をめぐる闘いのドラマからあえて距離を置いたブレットは、この日、オープニング・マッチとセミファイナルの2試合に出場。そのポジションがあくまでも“別格”であることを観客に強く印象づけた。

 ブレット対白使のシングルマッチは14分41秒、変形ウラカンラナからブレットがフォール勝ち。前年11月、WWEと正式契約した白使は“デビュー以来6カ月間、無敗”という記録的な戦績を残してこの一戦にのぞんだ。PPVでのブレットとのシングルマッチの実現はひじょうに大きなステップアップといえた。

 白使はマネジャーの信者(佐藤昭夫=元全日本プロレス)とともに第5試合のブレット対ローラーのシングルマッチにも乱入。信者がレフェリーのアール・ヘブナーの注意をひきつけているあいだに、白使はトップロープからのダイビング・ヘッドバット3連発をブレットにお見舞い。因縁ドラマの火種をつくった。

 同夜のメインイベント、ディーゼル対セッドのタイトルマッチはテッド・デビアスとタタンカの乱入でチャンピオンのディーゼルが反則勝ち。試合終了後にはポスト“レッスルマニア”路線でベビーフェース転向を果たしたばかりのバンバン・ビガロが登場し、デビアスをボスとするヒール軍団を追い払い、リング上でディーゼルと握手を交わした。

 いっぽう、ブレット対白使のシングルマッチは翌日の5.15“マンデーナイト・ロウ”ニューヨーク州ビンガムトン大会(5月15日、5月22日、5月29日の3週オンエア分の録画収録)、5.16“WWEスーパースターズ”コネティカット州ダンブリー大会(5月20日、5月27日、6月3日、6月10日の4週オンエア分の録画収録)、5.17“WWEレスリング・チャレンジ”(5月21日、5月28日、6月4日の3週オンエア分の録画収録)の3日間の集中TVテーピングでも実現。その後、5月下旬から6月にかけてはハウスショーの定番カードとしてこの試合が全米各地でラインアップされた。

 毎週月曜夜の連続ドラマ“ロウ”はこの時代はまだ3週分タメ撮りの録画中継だったが、この年の9月、ライバル団体WCWがハルク・ホーガンを主人公に新番組“マンデー・ナイトロ”の全米生中継をスタートさせるとこの状況は一変する。

 1月の“ロイヤルランブル”、4月の“レッスルマニア”、6月の“キング・オブ・ザ・リング”、8月の“サマースラム”、11月の“サバイバー・シリーズ”の5大イベントに加え、5・14シラキュース大会からスタートを切った新PPV企画“イン・ユア・ハウス”はこの年、6・23“イン・ユア・ハウス2”ナッシュビル、9・24“イン・ユア・ハウス3”サギノー、10・22“イン・ユア・ハウス4”ウィニペグ、12・17“イン・ユア・ハウス5”ハーシーと5大会がプロデュースされた。

 PPVの拡大は、WWEという企業の経営基盤が昔ながらのハウスショーの興行収益からPPVによる視聴契約料へ移行したことを示唆していた。PPVの平均視聴契約世帯数が30万世帯だとすると、単純計算ではあるが、それはハウスショーに30万人の観客を動員したのと同じ収益になる。ビンス・マクマホンはプロレスの市場経済そのものを変えようとしていた。(つづく)

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

日刊SPA!

最終更新:9/28(水) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月6日号
11月29日発売

¥390

・[死ぬまで年収300万円]の病巣
・眼を劇的によくする方法
・[(裏)流行語大賞]2016
・【インタビュー】ピコ太郎と古坂大魔王

なぜ今? 首相主導の働き方改革