ここから本文です

「ド素人お笑いコンビの糞ネタ」が伝説のNSC講師の即席指導でどこまで変われるか?

週刊SPA! 9/28(水) 9:10配信

 人は時として付け焼き刃で何かをなさねばならぬときがある。うろ覚えの知識で、なんとなく真似してみた技術で、昨日知った知恵で、ミッションを乗り越えられるのか?

 記者が「付け焼き刃でやれ」と命じられたのは、なんと「お笑いネタ見せ」……。

 赤の他人から笑いを取るのは非常に難しい作業だ。ましてや、それを即興で行うとなると、難儀を極めるが、小誌編集Aと記者Wがその一部始終をリポートする!

◆伝説の講師による即席指導だけで変われるか?

 今回、我々を指導してくれたのは、ナインティナインや南海キャンディーズなど大物芸人を育て上げた吉本NSC伝説の講師・本多正識氏だ。我々のネタを授業で発表させてくれるとのこと。人一倍お笑いに厳しいであろうNSCの生徒の前でネタ見せとは、我ながら無謀な立案をしたものだ。

 まず、喫茶店で2時間で作った即興コント「スピリチュアルおばさん」を本多氏に見せると、同行していた小誌カメラマンも「どこで笑うのかわからない。何を言っているかも聞き取れない」と酷評。おもむろに、本多氏によるテコ入れが始まった。

「これ、インチキ占い師の話でしょ? それなら、こうしたらもっとうさん臭くなる。あと、ネタは無理やり捻り出すのではなく、自分に近いものや目の前のものをイジるのが鉄則」

 そういってテキパキと指示を入れると、はるかにテンポ良くブラッシュアップされたばかりか、不思議なことに「わざわざ覚えなくても演じられる」性質のものに!

 そうしておよそ10分ほどの指導を受けた後、いよいよ生徒さんが教室に入って来た。本多氏の授業ではその内容上、他人のネタには笑うのではなく批評的に見ることが求められるが「今回だけ特別に、面白かったら笑っても良い」という許可が出された。逆に、滑ったら非常にシビアな状況。そんな極限のプレッシャーの中、本多氏が即興で命名したコンビ名「ザ・スパ」でコント開始と相成った。果たして結果は?

◆糞ネタが伝説のNSC講師の即席指導で変わる!?

 ド素人のSPA!編集部員とライターの即席コンビ「ザ・スパ」が、間違いなく自分のお笑いセンスに誰よりも自信があり、他人のネタには厳しい視線を送るであろう芸人の卵さんたちの前でネタ見せをする。しかも、伝説の講師の指導を受けたとは言え、完全に付け焼き刃の状態で、だ。

 どんな厳しい視線が送られるのか、、、そう恐れながら生徒さんの前に出てネタを披露し始めた。すると、信じられないことに開始直後から笑いが。その後も、つつがなく笑いを取り続け、ネタ見せは成功。さらに「一か月くらい練習すれば、M-1の一回戦は突破できるようになると思う」とのお言葉も頂いたのだった。

 ほとんど本多氏のおかげであるし、「お客さま」として生徒の皆さんが笑ってくれたのかもしれないが、何とか即興でお笑いが取れたことに味をしめ、M-1にチャレンジしてしまおうかと完全に調子に乗る我々であった。

【付け焼き刃の結論】

ド素人でも伝説の講師にかかればそこそこ笑って貰えた!

 本誌「週刊SPA!10月4日号」特集記事『人は[付け焼き刃]でどこまでできるのか?』では、他にもボイトレや外国語、はては忍術までさまざまなことに「付け焼き刃」でチャレンジしている。

<取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/岡崎隆夫>

日刊SPA!

最終更新:9/28(水) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月13日号
12月06日発売

¥390

・[転売で儲ける](秘)メソッド
・[ゲス不倫ブーム]知られざる波紋
・[痛すぎる発言]ランキング
・冬のボーナス[有名企業50社]対決

Yahoo!ニュースからのお知らせ