ここから本文です

すっかり大人になってしまった皆さんに再評価いただきたい『グラタン』激ウマ6選

東京カレンダー 9/28(水) 5:20配信

大人になると、なかなか食べなくなりますよね。グラタン。でも、きっとみんな好きなはずなんです。とろけるチーズとクリーミーなホワイトソース。口に心地よいマカロニと、ホクホクの具材……。暑さも落ち着いてきたことですし、あったかいグラタンで心を癒してみませんか? ということで、編集部の6名がお薦めするグラタンをご紹介します!

【この記事の全ての写真】

『コルシカ』のコルシカ風ライスグラタン副編集長 昌保博之選

恵比寿

JR恵比寿駅西口から駒沢通りを歩いて10分ほどのところにある老舗イタリアンレストラン『コルシカ』。多くの著名人も常連客として通い詰めるこの名店の定番メニューが、コルシカ風ライスグラタンだ。

ぐつぐつの煮だつホワイトソースとチーズの香ばしい香り。中にはドライカレーと自家製ペシャメルソースが4層重なっている。具材は玉ねぎ、マッシュルーム、豚肉、そしてなんといっても決めては貝のあさり。そのあさりの旨味が味の奥行きをプラスしている。最初の一口からなんともいえないその濃厚な味に心惹かれてしまう。

そのほか、グリルチキン、カツレツ、パスタ、ピッツァなどバラエティはかなり豊富。すべての料理がおすすめだが、最後の〆にこのライスグラタンを必ず食べてほしい。いままでに感じたことのない高揚感に包まれることだろう。

ウッドテーブルやギンガムチェックのテーブルクロスなど老舗店ならではの雰囲気。恵比寿界隈では昔からあるお店として有名だ

『Pirouette』のジャンボマッシュルームのグラタン副編集長 日紫喜康一郎選

虎ノ門

『虎ノ門ヒルズ』で最もお洒落なレストランといえば『Pirouette(ピルエット)』だろう。そのプリフィックスのコースメニューの中に「ジャンボマッシュルームのグラタン」がある。

直径10センチ以上はある特大のマッシュルームをくりぬき、そこにホウレンソウとマカロニのグラタンを詰めてオーブンで皿ごと焼き、上に半熟卵とチーズ、そしてレギュラーサイズの生のマッシュルームスライスがのせられて供される。

見た目通りのボリューム感で満足度が高い一皿。グラタン好きにもキノコ好きにも、たまらないメニューだろう!

1/3ページ

最終更新:9/28(水) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。