ここから本文です

本日から!松茸スープが超絶旨い小籠包の名店『鼎泰豐』20周年メニューは必食!

東京カレンダー 9/28(水) 5:20配信

小籠包はなんといってもスープが主役!それが秋ならではの松茸入りの肉汁たっぷりな逸品だったとしたら?

【この記事の全ての写真】

そんな期待に応えてくれたのが、小籠包の代名詞ともいえる名店『鼎泰豐』。1996年に日本出店し今年で20周年を迎える。

それを記念し全国の『鼎泰豐』では、フカヒレや松茸を使用した贅沢メニューを期間限定で提供中だ。秋の味覚の代表格「松茸」と、コラーゲンたっぷりの「フカヒレ」という高級食材をお得に味わえるチャンスをお見逃しなく!

贅の極み!松茸の香りと食感が口の中に押し寄せる

まずは秋の味覚「松茸」を使用した一品をご賞味あれ。20周年記念メニューを考案する際にキーワードとして真っ先に挙がったという松茸。高級食材である松茸を、看板メニューである小籠包と組み合わせたのが「松茸の小籠包」である。

皮は通常の小籠包と同じだが、中のあんのレシピは「松茸の小籠包」のために考案されたもの。日本に出店する17店舗『鼎泰豐』の味を守る栗原総料理長にその旨さのヒミツを教えていただいた。

「中には刻んだ松茸が1個あたり5g入っています。それだけだと松茸の食感が不足してしまうので、20周年という特別感の演出のためにもスライスを上にのせ贅沢なビジュアルに仕上げました」と語る。

「やはり何もつけずにそのまま食べて松茸の香りを楽しんで欲しいですね」と栗原総料理長。口に入れた瞬間に広がる松茸の香りと食感は、決して小籠包自体の旨みを邪魔することなく、それ自体を優しくアシストするよう。

フレッシュな松茸のみを厳選して使用しているというこだわり抜いた品だからこそ、この味を実現できているのだろう。

フカヒレ、スープ、麺の三位一体が楽しめる濃厚麺も絶品!

続いては食べた翌日、ぷるぷるのみずみずしい肌も期待ができる「フカヒレ」を使用した20周年記念メニュー「フカヒレ姿あんかけ麺」を紹介しよう。

ヨシキリザメからとれるフカヒレを使用。ほぐさずに姿煮のまま麺のうえに盛りつけられたフカヒレは贅沢感を演出してくれる。

とろみを少しかけたスープが一般的なフカヒレ麺だが、『鼎泰豐』の「フカヒレ姿あんかけ麺」では、スープ全体にとろみをつけている。スープ全体にとろみを付けることで、フカヒレと麺、そしてスープの三位一体の味が楽しめるのだ。

そして、その一体感を生み出すスープがまたおいしい。鶏ガラをベースに、フカヒレのダシを混ぜ合わせた濃厚なダシを使用。最後の一滴まで飲み干したくなるおいしさである。

「フカヒレ姿あんかけ麺」は、半分ほど食べ進めたらお好みで黒酢を入れて食べるのがおすすめ。黒酢を入れることでさっぱりとした酸味が加わり、するっと胃に収めることができる。また、添えられた青菜や、揚げネギのカリッとした食感も楽しい。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。