ここから本文です

フリーアナウンサーの闇 最終回:テレビには決して映らない裏事情。私が局アナを辞めた本当の理由

東京カレンダー 9/28(水) 5:20配信

女子アナ。

この響きに、人は夢と憧れを抱く。

美人で知的な高嶺の花というイメージが強く、女性はテレビに映る華やかな仕事に憧れ、そして男性はその一歩奥ゆかしい女性像に憧れる。

【この記事の全ての写真】

近年では所謂フリーと言われる、局に属さずに活動するフリーアナウンサーが増加している。そんなフリーアナウンサーを、この連載では紹介してきた。

これまでに親友にレギュラー番組を奪われた地方局出身の理香、女子大生という冠が外れると共に仕事を失ったお天気お姉さんの美奈、以前降板させられたワガママ局アナへの復讐に燃える智子、アナウンサー試験でコネ組に負けた梨花、自作自演のスキャンダルが命取りとなった由美など、いずれも華やかとは言えない現実を垣間見てきた。

最終回の今週は?

<今週のフリーアナウンサー>

名前:桃子
年齢:29歳
前のステータス:キー局のアナウンサー
出身大学:成蹊大学
年収:約1,000万円
趣味:人気アナウンサーランキングのチェック

人気絶頂で退社したアナウンサーの独白

桃子は新卒でキー局に入り、その美貌から入社直後に瞬く間に人気者になった。人気アナウンサーランキングでも(1位ではないものの)、常にランキングの上位に入っていた。

しかし、28歳の時に突然の退社。

多くのレギュラー番組を抱え、人気絶頂時の退社に当時世間は驚いた。結婚か、妊娠かと騒がれたが、真相は分からないまま今に至る。

桃子は自分が勤めていたテレビ局が大好きだった。ギャラの問題ではない。感謝の気持ちもあるし、続けようと思えば続けられた。

―桃子が局アナを辞めた理由―

それは、局内に蔓延する陰湿な嫌がらせに耐えきれなくなったからだった。局アナだった6年間、まるで昼ドラのようなドロドロとした毎日だった...

狭いアナウンス室、そこに蔓延る陰湿な嫌がらせ

アナウンス室は狭い。テレビに出ているので華やかだと思われがちだが、実際はただの会社員である。20年前に大人気だったが、今ではテレビで全く見ないような裏方作業に回っているお局様もいる。

また、アナウンス室内には派閥がある。どの派閥に入るかで、局内での仕事のし易さが大幅に変わってくる。

入社前から、桃子には注目が集まっていた。週刊誌の「今年の注目新人アナウンサー」特集でも桃子は常にトップに君臨していた。桃子と同じ年に、他にも2人ほど同じ局に女性アナウンサーとして採用されたが、報道担当の控え目な雰囲気だったため、入社当時は全く目立っていなかった。

そんな入社前からチヤホヤされている桃子を、先輩達は勿論良い目では見ていない。 他の地味な二人は最大派閥に入ったが、その派閥のトップから桃子は嫌われていたため、その派閥には入れなかった。

アイドルアナウンサーとして、大人気の桃子。
それを良くは思わない、お局様を始めとする先輩たち。

新人研修では一人だけ居残りをさせられ、どんなに完璧に読んでもいつまでもOKが出ない。皆の前で罵倒され、物を投げつけられる。出社時に挨拶をしても、誰も返してくれない。元々明るい性格の桃子だったが、毎日裏で泣く日々が続いた。

1/3ページ

最終更新:9/28(水) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。