ここから本文です

金村義明のお宝 仰木彬から譲り受けた高倉健の時計

NEWS ポストセブン 9/29(木) 7:00配信

 近鉄バファローズの「いてまえ打線」中軸として活躍した金村義明氏(53)のお宝は、高級時計のプレゲ「タイプXXアエロナバル」だ。野球道具ではないが、裏には「祝い」「仰木彬様 高倉健」とある。近鉄の監督だった故・仰木彬氏の腕時計を、なぜ譲り受けたのかについて金村氏が語った。

 * * *
 僕の恩人であり、尊敬する仰木彬さん。その仰木さんからいただいたのが、このブレゲの時計です。

 1996年にオリックスが日本一になった時、仰木さんが俳優の高倉健さんからお祝いに贈られたもの。裏に「祝い」の文字とともに2人の名前が刻まれています。

 仰木さんは高倉健さんの高校の後輩。高倉さんを心から尊敬されており、いつもこの時計をつけて大切にされていました。それを知っていた僕がある時、冗談混じりに「仰木さんが死んだら、形見にくださいね」と言ったんですが、仰木さんはそれを覚えていて、「これ欲しがってたやろ。生前贈与や」と手渡してくださったんです。

 その時計は本当に形見になってしまいましたが、僕の大切な一番の宝物です。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年10月7日号

最終更新:9/29(木) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。