ここから本文です

関係修復はムリ? アンジー、ブラピを着信拒否

NEWS ポストセブン 9/29(木) 16:00配信

《いまの私たちがいろいろなことを実現できるのは、ブラッドが支えてくれるおかげです》
《いま私たち夫婦は最高の関係にある》

 9月27日発売の『婦人公論』(中央公論新社刊)で、アンジェリーナ・ジョリー(41才)がブラッド・ピット(52才)との関係をこう語った。しかし、今となっては皮肉というほかない。

 同誌発売前の今月20日、アンジーが離婚を申請したことを発表した。「ハリウッド一のベストカップル」と呼ばれた夫婦の破局は、世界に大きな衝撃を与えている。

 ふたりは2005年の映画の共演をきっかけに交際を始め、9年の事実婚状態を経て2014年に結婚。多忙ながらも3人の養子を含めた6人の子を育て、結婚後も恋人のように仲睦まじい様子は多くの人の憧れとなった。

 夫婦仲を一転させる事件が起きたのは現地時間14日、家族で旅行先のフランスからプライベートジェット機で移動している最中のことだったという。酒に酔ったブラピが長男のマドックスくんに暴言を吐き、暴力を振るったと報じられた。

「アンジーは『彼は私の人生で最も大切な存在』と語るほどマドックスくんを溺愛しています。以前からブラピの酒癖の悪さや怒りっぽい性格に不安を覚えていたアンジーは、この一件がきっかけで我慢の限界に達したそうです」(海外ジャーナリスト)

 表向きはおしどり夫婦を演じながらも、実際は結婚当初から仮面夫婦だったとも報じられているふたり。

「子育ての対立が大きかったようです。アンジーは子供に気楽に接する『怒らない子育て』を実践していました。しかし、ブラピの教育方針は厳しくしつけて育てること。アンジーは子供に規則を課そうとするブラピが理解できなかったそうです」(現地の芸能記者)

 また、アンジーが2001年から続けているUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の特使としての活動に、ブラピは不満を抱いていたという。

「ブラピは『国連の高官になりたい』というアンジーの夢に困惑していました。慈善活動は応援していましたが、子供を紛争地に同行させることを不安視していたようです」(別の芸能記者)

 アンジーは現在、ブラピからのメールを受信拒否。電話も着信拒否にしているという。

 ふたりは今月24日公開の映画『白い帽子の女』で共演。結婚から14年が経ちすれ違いを抱えた夫婦が、過去に向き合い一緒に生きることを決意するストーリーだ。現実のふたりは、物語のようにはいかなかった。

※女性セブン2016年10月13日号

最終更新:9/29(木) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。