ここから本文です

3日間限定「幻想庭園」が長崎の紅葉スポットに登場

東京ウォーカー 9/29(木) 21:55配信

2016年9月30日(金)より、長崎県屈指の紅葉スポット「三十路苑」(長崎県雲仙市)にて、3日間限定の雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」がスタートする。夜景評論家の丸々もとお氏が手がける本イベントは、10月から12月に行われるJRグループの「ディスティネーションキャンペーン」に合わせて開催されるもの。

【写真を見る】日本全国の美しい夜景を今すぐチェック!

小浜温泉と雲仙温泉の間に位置する「三十路苑」は紅葉の名所として名高い庭園。約8000坪の敷地に広がる鮮やかな紅葉は、思わず息をのむ美しさだ。もとは近くにある「六兵衛茶屋」の経営者が、自宅の裏山にもみじを植えたのが始まり。30年の月日をかけて県内屈指の紅葉名所が作り上げられた。

■ 8000坪の敷地が鮮やかにライトアップ!

庭園内の随所にLEDフルカラー投光器やプロジェクターを設置。広大な敷地が光のプログラムによって“極彩色”の世界に包まれ、ひと味違う紅葉狩りが楽しめる。またメインエリアでは日本の四季をテーマにした音と光のライトアップショーも展開。プロジェクターの映像と音響の演出が加わった、幻想的なショーを目に焼き付けよう。

わずか3日間限定の雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」。美しく染まったもみじが織りなす“絶世の美夜景”をお見逃しなく。【ウォーカープラス「夜景時間」】

最終更新:10/13(木) 17:29

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。