ここから本文です

EXILEのアルバム制作スタッフが明かした「国民的モンスターグループ」の成長秘話

週刊女性PRIME 9/29(木) 17:30配信

 見る者を「あっ」と言わせるエンターテイメントを届け続けるEXILE。彼らのシングルやアルバム制作に関わってきたスタッフの都築裕五さん、立藤勝敏さん、田島慶介さんに国民的モンスターグループへと成長した秘密を語ってもらった。

 デビュー当時からのルールで彼らが発表するすべての作品は、メンバー全員が参加する会議によって決められていく。15周年を記念して発売されたベストアルバムに関してもそう。

 収録曲、曲順、今回の目玉となるEXILE TRIBEの全男性パフォーマー31名に世界のトップダンサー22名、国内トップダンサー12名が参加した超大作ダンス映像など、メンバーが関わらずに世に出ていくものはない。

 しかも、多数決ではなく、全員が納得するまでとことん話し合う“合議制”によって決められていく。

「HIROさんとATSUSHIさんを中心に、若手メンバーも含めた全員が、さまざまな意見を出し合いながらグループとしてやるべきこと、進むべき道を決めていきます」(田島さん)

「メンバーがずらっとそろっているところでプレゼンするのは、本当に緊張します。みなさんの真剣さが伝わってくるので。終わったあとは、汗だくです(笑)」(立藤さん)

「最近は、メンバーとスタッフで作っているグループLINEでも、みんながどんどんアイデアや意見を提案してくれるようになりました。いい意味で24時間つながっている感じですね」(都築さん)

 ファンからしたら、なんともうらやましいお話。LINEを通じてギュッと詰まった内容が次々に届くそう。

「たまに仕事で確認が遅れたメンバーから“遅れました。すごくいいと思います”とメッセージが入ることも。みんな、すごく礼儀正しくて、律義なので、僕らも気合が入ります」(都築さん)

 メンバーによってテレビ番組や雑誌で語られてきた“EXILEあるある”。《体脂肪は1ケタ台維持を目標》や《ケガをする恐れがあるためスキー、スノーボード、サーフィンはなるべく避ける》《喫煙禁止》《レコーディングには、パフォーマーも積極的に参加》。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 19:18

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)