ここから本文です

男子教師の少年へのセクハラが増加「教師の、人の性に対する人権意識が乏しいことが問題」

週刊女性PRIME 9/29(木) 11:00配信

 男児の全裸撮影会、就寝中の生徒にキス、男子高校生を盗撮し御用など、男性教師による男子生徒へのわいせつ事件が後を絶たない(*一部、不適切な表現がありましたので、文言を修正しました)。

 社会心理学を専門とし、スクールカウンセラーも行う新潟青陵大学の碓井真史教授は、

「私たちが生活していて、あの人は男の子の裸に興味があるなんて、わかりようがないですよね。だからこそ、本人が抑制していくことです。そういう素養があると自覚する人は、教師などの仕事に就かないほうが無難ですね」

 と自己抑制を促す。性犯罪は、周囲にまじめと映る教師でも、聖職者といわれる宗教家でも起こすこともある犯罪と碓井教授は指摘し、

「誰しも行う可能性があるということを考え、そういう行為が行われないようにするチェック体制を学校側が整えていくことが大切です」

教師と生徒というのは、強者と弱者の関係

 スクールセクハラの防止と被害者支援を行うNPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワークの亀井明子代表は、最近の被害状況に関して、

「教師の質が落ちたというよりは、昔からあるものが表面化してきた。ただ、それも氷山の一角で、潜在的なセクハラはもっとたくさんあるはずです」

 スクールセクハラには学校という構造の問題が絡むという。

「生徒が、先生にちょっと話があるから残りなさいとか、後で来なさい、と言われて、行かない選択ができますか? 自分が生徒だったとき、どうだったかを考えてみてください。難しいですよね。それだけ教師は、絶対的な存在なんです。教師と生徒というのは、強者と弱者の関係です」

 亀井代表は、問題の根源のひとつは「教師の、人の性に対する人権意識が乏しいことが問題です」と指摘し、防止策を提示する。

「被害者の立場や心理状態を理解する研修が必要です。そもそもセクハラの概念すら理解していない人も少なくない。被害者の気持ちや何をしたらセクハラなのかがわからなければ、気づくことなどできませんし、対応も間違える。遠回りですが性暴力について教員、生徒含めて教育していくことが大切なんです」

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 19:54

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)