ここから本文です

「夫婦控除」は専業主婦世帯にとっての“冬”なのか? 控除額5万円程度なら実質増税に…

オトナンサー 9/29(木) 12:06配信

 突然ですがクイズです。今話題の「配偶者控除」ですが、これは「所得控除」でしょうか、それとも「税額控除」でしょうか。

あなたはどの等級? 平成27年9月からの厚生年金保険料額表

 正解は所得控除です。

 ファイナンシャルプランナー(FP)としてさまざまな相談に乗っていると、両者を混同している方が多いように感じます。

 そもそも控除という言葉は「除く」という意味ですが、税制上はさまざまな控除があり、そのことがわかりにくさの原因になっているのかもしれません。

 本題である配偶者控除の見直しにも密接に関係するため、まずはこの2つの「控除」の違いについて説明します。

所得から差し引かれるのが「所得控除」

 控除は「会社の経費」に置き換えて考えるとわかりやすくなります。

 例えば、売上高10億円の会社で人件費や原材料の仕入れなどの経費が8億円であれば、利益は2億円です。税金はこの2億円にかかるのであって、売上高10億円にかかるわけではありません。

 個人も同じで、例えば年収500万円の人の場合、500万円に税金がかかるわけではなく、控除後の金額に税金がかかります。

 主な控除は以下の通りです。

◯基礎控除38万円(全員に適用される控除)

◯給与所得控除(以下に基づいて計算)

給与等の収入金額  控除額
180万円以下  収入金額×40%(65万円に満たない場合は65万円)
180万円超360万円以下  収入金額×30%+18万円
360万円超660万円以下  収入金額×20%+54万円
660万円超1000万円以下  収入金額×10%+120万円
1000万円超1200万円以下 収入金額×5%+170万円
1200万円超       230万円(上限)

◯社会保険料控除(社会保険料が全額控除される)

◯生命保険料控除

◯地震保険料控除

など。

 配偶者控除38万円(住民税は33万円)もこの中に含まれます。

 これらの控除は所得(年収)から差し引かれるため「所得控除」と呼ばれます。税金はこれら所得控除を差し引いた後の345万円にかかることになります。

1/3ページ

最終更新:9/29(木) 14:32

オトナンサー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。