ここから本文です

知的なワンレンボブをハイライトでトレンド顔にブラッシュアップ

集英社ハピプラニュース 9/29(木) 17:00配信

知的なイメージのヘアとして、人気筆頭のワンレングスボブ。ただシャープに仕上げるよりも、カラーやかき上げバングで旬のエッセンスを加えて、こなれ顔にキメるのがセンスの見せどころです。髪色を明るくできない時は、トップや顔まわりにハイライトを加えてみて。大人らしさをキープしながら、軽さや立体感を演出できるから、オフィスにもぴったり! 「少しだけイメチェンしたい」「褪色やプリンの心配をしたくない」という人にもおすすめです。

ベースはあごラインのワンレングスボブ。トップにレイヤーを入れ、全体へなじむようにカットします。パーマは大きめロッドを使い、毛先にワンカールをオン。カラーは9トーンのヌードアッシュをベースに、トップと生え際を中心にハイライトを細かく入れて、スタイルにメリハリを加えます。

根元中心にハンドドライし、前髪はナチュラルに立ち上げるように乾かします。女性らしく丸みのあるシルエットに仕上げたら、ウェット系のスタイリング剤を毛先中心にもみ込んで。この時、少量のスタイリング剤を手によくのばし、手グシを入れるようになじませるのがポイントです。ほのかに感じるハイライトのアクセントで、シンプルヘアをもっと自分らしく、スタイリッシュに。

<HAIR DATA>
顔型 面長・丸顔・逆三角形・ベース型
髪質 硬●●●●●柔
クセ あり○●●●●なし
毛量 多○●●●●少

スタイリスト/和田昌一(ZACC Ao) モデル/新里 蘭 文/永田未来(ichigo)

ZACC Ao

最終更新:9/29(木) 17:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。