ここから本文です

【MLB】「2016年、ホセを再び見ることはないかもしれない」。マーリンズ、エース最後の登板での実況がまさかの現実に

ベースボールチャンネル 9/29(木) 6:30配信

あまりにも突然の悲劇

 9月26日、マーリンズパーク。試合前に星条旗が挙げられ、国歌がトランペット1本の音色で悲しく響き渡る。マウンドに、みな背番号「16」の黒いユニフォームを着た選手たちがひざまづく。黙とう。これから敵として戦おうとする選手たちが、お互いにハグして慰め合う。選手だけでなく、観衆にも涙を拭う顔が見られる。

 すべては、突然他界したホセ・フェルナンデス投手への追悼であった。
 悲劇が伝えられた現地25日(日)のブレーブス戦はキャンセルされた。全米のメディアがこのニュースを報じた。そして翌朝、ポッドキャスト『ESPN Baseball Tonight』ではフェルナンデス投手の人生を振り返った。まず司会のバスター・オルニー氏が「日曜日は、野球界にとって、悲劇的な1日だった」と切り出した。

 そしてフェルナンデスが投げた最後の試合(9月20日、火曜日のナショナルズ戦)の実況録音を流す。『AM 940 WINZ』局の実況を務めたアナウンサーがこう語っていた。
 まさか、その5日後に事故でこの世を去るとは夢にも思わなかっただろう。

“We may or may not see Jose again in 2016. We don’t know for sure after this start. If we don’t see him again, what a way it could be for him to go out… With the tying and go-ahead men on with 2 outs in the 8th, the Marlins ahead one-nothing… The 1-2. Swing and a ground ball to second. Gordon has it, to first. Inning over! Jose threw 8 with a 3-hit shutout. To the bottom of the 8th.
2016年にホセを再び見ることはないかも知れません。この先発後の登板予定は、わからないのです。もしこれが最後なら、何という素晴らしい締めくくりになることでしょう。(中略)8回、ツーアウト、同点、逆転のランナーが塁にいます。マーリンズ、1-0でリード。カウント1-2から、打った。セカンドゴロだ。ゴードンが処理、一塁へ。イニング終了! ホセ、8回を投げ切り、3本のヒットでシャットアウト。8回ウラに入ります。

 フェルナンデスはこの試合を最後に、この世からいなくなった。日曜未明、岩にぶつかり転覆したボートがマイアミで見つかり、3人の死体が発見され、その一人がホセ・フェルナンデスだと確認された。調べによると、アルコール、麻薬などは見つからなかったが、スピードがかなり出ていたと見られる。3人とも救命ベストは着用していなかった。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 6:30

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。