ここから本文です

新潟県知事選が告示、4氏の争いが確定

政治山 9/29(木) 12:03配信

 任期満了に伴う新潟県知事選挙が29日告示され、いずれも無所属で新人の4氏が立候補しました。届け出たのは、元団体職員の三村誉一氏(70)、前長岡市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=、医師の米山隆一氏(49)=共産、社民、生活推薦=、行政書士の後藤浩昌氏(55)です。

 選挙戦では、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への対応が最大の争点となる見通しです。また、知事選を巡っては、泉田裕彦知事(54)が4選を目指して一度は出馬を表明したものの、地元新聞と対立して8月31日に出馬取り止めを表明しました。

 投票は10月16日、即日開票されます。28日現在の有権者数は195万6,669人(新潟県選挙管理委員会調べ)。

最終更新:9/29(木) 17:34

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。