ここから本文です

お値段5万円、子どものため「マクラーレンP1」登場

WIRED.jp 9/29(木) 12:20配信

これがマクラーレンの新型モデルだ。最高速度に到達するまでの時間はわずか2秒。ただし、最高速度は時速わずか約4.8kmなのだが。
完全な電気自動車(EV)を開発するという計画を以前から発表しているマクラーレンは、まずは子どもが実際に乗ることができるおもちゃのクルマとして、「マクラーレンP1」のミニチュア版を発表した。

【拡大写真などのフォトギャラリーはこちら】

ミニチュア版P1は完全なEVで、3~6歳までの子どもだけが乗ることができる。クラシックモデルの「マクラーレンF1」と同様、「中央に配置された運転席」や「屋根が開く構造」などの特徴を備えている。

どこへ行っても羨望の的になること間違いなしのこのキッズ用モデルは、起動・停止をボタンひとつで操作でき、ライトやエアコンも自動的に動く。

MP3プレーヤーとオーディオシステムが標準装備されているので、もし運転しながら『アナと雪の女王』の歌を聴きたくなっても安心だ。さらにミニチュア版P1には、3段変速にバックギアも備えたトランスミッションが搭載されている。

ただマクラーレンのいつものポリシーとは異なり、ボディカラーと内装を自由に組み合わせることはできず、子どもたちは「ヴォルケーノ・イエロー」1色で我慢するしかない。

2016年10月末からマクラーレン・オートモーティヴの一部の販売店で、ミニチュア版P1は価格375ポンド(約48800円)で販売される。

JEREMY WHITE

最終更新:9/29(木) 12:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。