ここから本文です

うなぎCMを「性的な意図はない」と説明する制作者の“ピュア”

Wedge 9/29(木) 12:30配信

スク水少女が「養って」

 クリエイティブは難しい。センスの良い発想なんて誰にでもできるものではないし、アイディアを絞り出した挙句に二番煎じになるのはよくあること。これだと思ってつくりあげたものが、完全にスベることもある。

 限られた予算の中、地方自治体をPRするためのCMをつくるのもなかなか難しい仕事なのだろう。斬新さがなければ注目されないどころか最後まで見てもらえない。他との差別化を図らなければいけない。「この動画、オチがすごい!」とつぶやいてもらうことができれば拡散効果があるから、何らかのオチがつくことが好ましい。

 奇を衒ったまでは良かったが、目論見が完全に外れたのが鹿児島県志布志市のふるさと納税PR動画だ。動画の内容をかいつまんで紹介すると、こうだ。

 スクール水着の少女がプールの中にあらわれ、カメラに向かってすがるような目線で「養って」と言う。「その日から彼女との不思議な暮らしが始まった」「僕は決めた。彼女のためにできる限りのことをしてやると」という男性のナレーションがかぶさり、少女はプールサイドのテントに入って「私の家!」とはしゃいだり、フラフープをしたり、ご飯を食べたり。その間、ずっと水着姿だ。ホースから顔に水を浴びせかけられたり、ペットボトルをつかもうとして、なぜかぬるぬると滑ってつかめず、3回繰り返すという描写もある。

 その後、少女は「さよなら」と言ってプールに飛び込み、ここで初めて彼女の正体が明かされる。「その美しい人の名は、うな子」というナレーション。そして飛び込む少女の姿がウナギに変わる。「志布志の豊かな自然で育ちました」というナレーションと、「たいせつに、養ってます」の文字。そして、ウナギのかば焼きのショット。かぶさる「うなぎ養殖日本一の鹿児島でナンバーワン!」「志布志のうなぎを、ふるさと納税で。日本一志の多いまち志布志市」の文字。最後にまた、別のスクール水着の少女が表れる。少女は先ほどの少女よりさらに幼く、子どもっぽい声で言う。「養って」。

 志布志市は動画のタイトルを最初は「少女U」としていたが、炎上後に「UNAKO」に変わった。タイトルがUNAKOだとネタバレになるが、「少女」を強調したタイトルよりは良いという意図だったのかもしれない。

1/3ページ

最終更新:9/29(木) 12:30

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。