ここから本文です

世界初、DNA的に「3人の親をもつ赤ちゃん」のいま

WIRED.jp 9/29(木) 12:54配信

生後5カ月になるA.H.(注:プライヴァシー尊重のためイニシャルで報道されている)は、世界で初めて、3人のDNAを使う技術を利用して生まれた赤ちゃんだ。

【掲載されたツイートはこちら】

この男の子のDNAには、母親と父親からのものに加え、3人目のドナーから少量の遺伝子が含まれている。

『New Scientist』誌の記事によると、メキシコで培養された胚が利用されている。メキシコでは、3人を親とする体外受精技術の利用についての規制がないからだ。

DNA操作技術は、2015年2月に英国で承認された(関連記事)もので、母親の神経系疾患であるリー症候群が赤ちゃんに遺伝しないようにするために利用された。両親は、これまでに2人の子どもを同疾患で亡くしている。

New Scientist誌の記事によると、ニューヨーク市にある「ニュー・ホープ不妊治療センターは「紡錘体核置換」と呼ばれる手法を利用し、担当したチャン医師はドナーの卵子の核を、母親の卵子のひとつから取り出した核で置き換えたという。

MATT BURGESS

最終更新:9/29(木) 12:54

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。