ここから本文です

パズルRPG『つなげてモンスラッシュ』誕生! スマホを振るだけで毎日無料で回せるガチャも!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる 9/29(木) 16:00配信

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 NHN PlayArt株式会社は今週28日、スマホ向けパズルRPG『つなげてモンスラッシュ』をリリースした。本作はキュートなモンスターたちと冒険するパズルRPGで、戦闘はブロックを繋げるだけの簡単操作だが、敵を一掃するスキルなどもあり、戦略的なバトルを楽しむことができる。さらに本作ならではの要素として、友人とスマホを振るだけで回せる無料ガチャ“ふるふるガチャ”が挙げられる。同じ友人とは1日1回までだが、1日で最大100回までガチャが回せるほか、11人まで同時参加が可能だ。参加人数が増えれば増えるほど、レアなモンスターが手に入るようで、確率は最大で2倍まで上がるとか。本作の配信を記念して、期間限定のスタートダッシュキャンペーンを実施。期間中にプレイすると、課金アイテム「魔宝石」が15個配布されるほか、特定のミッションの報酬も増加。他にも、プレミアムガチャでレアが出現する確率が増加するうえ、10回分購入するたびに強力なモンスター“アリュート”が貰える。ただし、“アリュート”は最大で3体までしか貰えないので、プレミアムガチャを購入する際は注意しよう。

 次に株式会社スクウェア・エニックスは、アーケード向け対戦アクションゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY』のアップデートを実施。スクウェア・エニックス BRIDGEでの発表によると、今回のアップデートで『FINAL FANTASY零式』のメインキャラクターの1人、エースが新たに参戦した。エースはカードを武器に戦うキャラクターで、遠距離からの攻撃を得意とするSHOOTタイプであり、引いたカードに応じて様々な効果を発動させられる。彼の参戦に伴って、プレイヤーアイコンやBGM、称号をショップに追加。これらは最新バージョンを1度プレイすると、購入可能となるようだ。ちなみに、アップデートでは各キャラクターの調整や不具合の修正も行われているため、プレイ前にスクウェア・エニックス BRIDGEでの発表内容を忘れずに読んでおきたい。

 最後は株式会社シティコネクションが、音楽レーベル「クラリスディスク」から『ワギャンランド オリジナル・サウンドトラック』のリリースを発表したというニュース。『ワギャンランド』シリーズといえば、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが手がける人気アクションゲームで、しりとりや神経衰弱といった一風変わったミニゲームによるボス戦が特徴だ。本サントラには、FC版『ワギャンランド』3作に加え、SFCで発売した『スーパーワギャンランド』シリーズなど、全8タイトルの楽曲をCD4枚組で収録。また、ワギャンのぬいぐるみが付属する豪華な限定版も用意されている。発売は11月12日を予定していて、価格は通常版が5,000円で、限定版が7,650円(+税)とのこと。11月6日に埼玉・川口で開催予定のイベント「ゲームレジェンド25」では、クラリスディスクスペースにて、本サントラの先行販売が行われるので要チェックだ。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・新作パズルRPG『つなげてモンスラッシュ』の配信を本日より開始
http://www.nhn-playart.com/press/index.nhn?m=read&docid=10091498
・『つなげてモンスラッシュ』公式サイト
http://app.nhn-playart.com/monsrush/
・スクウェア・エニックス BRIDGE アップデート内容のお知らせ
http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/21206
・アーケード版『DISSIDIA FINAL FANTASY』公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/DFF/
・クラリスショップ 『ワギャンランド オリジナル・サウンドトラック』(通常版)
http://claricedisc.shop-pro.jp/?pid=107815344
・クラリスショップ 『ワギャンランド オリジナル・サウンドトラック』(限定版)
http://claricedisc.shop-pro.jp/?pid=107816861

最終更新:9/29(木) 16:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。