ここから本文です

U-16日本代表は29日準決勝でイラクと激突! 敵将は「卓越した選手を揃える好チーム」と警戒

Football ZONE web 9/29(木) 10:58配信

イラクのチテール監督は「高いレベルのフットボールをしている」と日本を称賛

 U-16日本代表は25日、インド・ゴアで行われているAFC U-16選手権の準々決勝UAE戦で1-0と勝利を収め、2大会ぶり8回目のU-17ワールドカップ出場権を手にした。29日の準決勝ではイラクと対戦するが、敵将は日本について「卓越した選手を揃える好チーム」と絶賛している。AFC公式サイトが報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 森山佳郎監督率いる若きサムライブルーは、グループリーグで日本のライバル韓国に2-1と勝利し、準々決勝でウズベキスタンを2-0と下した難敵イラクと対峙する。中東の雄を率いるカフタン・チテール監督はグループリーグ3試合で合計21得点を叩き出し、今大会いまだ無得点の日本を絶賛した。

「日本は卓越した選手を揃える好チームだ。間違いなく彼らは高いレベルのフットボールをしている」

 敵将は攻守ともにタレントを備える日本をそう称している。そのなかで得点源として輝きを放っているのが、海外メディアが「アジアで10年に一度の才能」と絶賛するFW久保建英(FC東京U-18)と、存在感を高めているFW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)だ。

 準々決勝を終えた時点で2人はともに4ゴールを積み重ね、大会得点ランキングトップに立つなどチームをけん引している。敵将も日本のレベルの高さを認めており、包囲網を敷いて久保らを封じにかかるはずだ。

敵将は「十分な勝機がある」と意気込む

 準決勝の日本戦を前に、それでも敵将は力強くファイティングポーズを取っている。「この試合には十分な勝機があると信じている。効果的な戦術を落とし込み、彼らと戦える戦術を見出したい。このトーナメントでチームが見せてきた全ての成果を見返す。そうすれば、自分たちの問題点も修正できるだろう」とコメントした。

 U-17ワールドカップ出場権を手にしたのは、日本、イラク、イラン、北朝鮮の4ケ国となった。韓国、オーストラリアという強豪を退けて世界の切符を手に入れたチテール監督は「アラブのフットボールを代表できることを、とても誇りに思っている。我々はこの大会でアラブ国家の生き残りになる。それもあり決勝進出のため努力したい」と意気込んでいた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/29(木) 14:57

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。