ここから本文です

TOKIO 松岡昌宏は、お酒が入ると甘えん坊に? 長瀬智也「そのギャップがまたいいよね」

リアルサウンド 9/29(木) 11:30配信

 フジテレビ系列にて9月28日、『TOKIOカケル』が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。ゲストには、本田翼と山本美月が出演し、軽快なトークを繰り広げた。

 番組の冒頭では、本田と山本が「男子のダメ行動をどこまで許せる?」というテーマで5つの質問に「許せる」「許せない」の2択形式で回答。「自分の話ばっかりする男子」「居酒屋で声が大きい男子」の2問を許せないと回答した本田は、「会話ってお互いの話で成り立つじゃないですか。聞く気持ちがない人とはお話ができないかな」と許せない理由を明かした。長瀬智也が「自分の話も聞いてほしいってこと?」と質問を重ねると本田は「聞いてほしいっていうか、聞く気持ちがあってほしい。気持ちの問題ですね」と答え、メンバーは納得の笑みを浮かべた。すると松岡が「みんな笑ってるけどチクチクきてる。2問まで出た時オレのことかと思った。番組サイドがオレにケンカ売ってるのかって」と自身のことを言われている気がしたとコメント。松岡の異変に気付いていた国分は「それで若干大人しくなってたんだ」と発言し、笑いを起こした。

 また、「メールの返事を催促してくる男子」という質問には2人とも許せないと回答。本田が連絡を無視することもあると話すと、城島茂から「ちょっと待って。なんで無視するの?『読んでる』って返してくれてもいいやん」と思い当たる節があるような発言が飛び出した。その後、「酔うと甘えてくる男子」という質問に関連して国分太一が、「この中でいうとさ、松岡くんてお酒入るとちょっと甘いよね」と暴露。国分曰く、松岡は酔うとだんだん内股になっていくようで、長瀬が「そのギャップがまたいいよね」とコメントすると松岡は照れ笑いの表情を浮かべた。

 そのほかには、本田がメールなどで安易にハートの絵文字を使ってしまうことがあることを明かし、松岡が「それ気をつけた方がいいって。そのハートは時として男心をマジにさせる」とアドバイスする場面も。また、メンバーの中でタイプを聞かれた本田と山本は、ともに長瀬を指名。長瀬が「やったぜ」と喜ぶ一方で、山口らは「やってらんねえよ」とスタジオを後にし、山本は「沈黙でも良さそう。『無理に会話しなくても大丈夫』っていう空気を出してくれそう」と、長瀬を選択した理由を明かした。

 本田翼と山本美月から見た、TOKIOメンバーの印象が明らかになった今回の放送。次回はゲストに中井貴一を迎え放送する予定だ。

向原康太

最終更新:9/29(木) 11:30

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。