ここから本文です

へそのゴマは取るべき?7割以上の医師が「基本的には放置」

@DIME 9/29(木) 18:30配信

 へそのゴマは取るべきか否か。昔からよく話題になるが、真相はどうなのか。7万人以上の医師が参加している医師専用サイト「MedPeer」を運営するメドピアが、同サイトの会員医師を対象に「へそのゴマは取るべきか」についてのアンケートを実施したところ、7割以上の医師が基本的に放置すると回答した。

医師専門サイトMedPeer(メドピア)に登録する医師(7万人以上)を対象に「へそのゴマは取るべきですか」という質問をしたところ、3697件の回答が寄せられた。73.7%が「基本的に放置し、必要(炎症の可能性が認められる、患者さんからの要請があった)時に除去する」と回答。「炎症所見がなければ特に問題ない」「炎症をおこせば対処する」というコメントが多い。「無理にとるとそれで炎症を惹起することもある」という意見もあった。

「定期的に除去する」は10.3%、「積極的(垢が認められたらすぐ)に除去する」は5.3%だった。「感染源になる可能性もあり除去が望ましい」「炎症が起こる前に対処すべき」というコメントがみられた。

<回答コメント(回答一部を抜粋)>

◎「基本的に放置し、必要(炎症の可能性が認められる、患者さんからの要請があった)時に除去する」2724件

・炎症が起きる人は少ないと思うのでその人だけ処置をすればよいと思います。(30代、在宅医療)
・とりたくなるが、患者から申し出があった場合のみ除去する。(40代、一般内科)
・私も老健施設勤務ですが、介護士さんは耳掃除はしてもヘソのゴマは取りません。炎症を生じた時にのみ私が処置します。(60代、総合診療)
・感染等がおきなければ経過観察でよいのではと思います。(40代、一般内科)
・さわるとかえって炎症を惹起することがあるので放置。(60代、循環器内科)
・臍のケアはあまりおこなわないほうが良いと思う。かえって細菌感染などのリスクがあると思われるためである。(30代、神経内科)
・除去が不潔に行われる、皮膚を傷つけることでむしろ感染を起こすことをしばしば経験しますので。(30代、神経内科)
・オリーブオイルで柔らかかくしてから除去する場合もあります。(50代、循環器内科)
・時々臍石を他の病気と思って受診する人が多い。かなり放置しておいたためで、取るのに苦労する。(60代、皮膚科)

◎「定期的に除去する」381件

・この症例のように炎症を起こす例が少なからずありますから、定期的にケアしています。(50代、一般外科)
・大きいものは、取った方がいいのではないでしょうか。(50代、小児科)
・自分の意思なら仕方ないかもしれませんが、炎症が起こる前に取っておくほうがよいと思います。(40代、整形外科・スポーツ医学)
・臭いの問題もありますし、放置は衛生上よくないのではと考えていましたが。(50代、循環器内科)
・目に余るほどのゴマで早晩除去に難渋しそうなケースもあるので、ほどほどの間隔で取るべきと思います。(40代、消化器外科)
・定期的に除去していない方が多いため、感染を起こして悪化して、外来に来られる場合が多いです。(30代、皮膚科)
・臍炎で受診する患者を診る機会のある当科としては,定期的に除去してある程度きれいにしてもらうことを希望する。(30代、形成外科)

◎「積極的(垢が認められたらすぐ)に除去する」197件

・化膿しているのを見たことはないのですが、垢が溜まっていたらとった方がいいと思います。(30代、精神科)
・積極的に除去しますが、炎症の可能性を話したうえで、取りたくない意向があれば従います。(40代、循環器内科)
・身体は綺麗にしておきましょうと一応話をしてから除去しましょう。(70代、一般内科)
・放置して難治になった例を見たことがありますから。(50代、呼吸器外科)
・神経質になって擦ったりすると容易にびらんや感染、または刺激性皮膚炎で炎症を起こすことが多いので、見えるくらいに臍垢がたまったら除去します。(30代、皮膚科)
・大きなものなどはオリーブ油で浮かせればすぐ取れます。炎症起こした時の方がこわいような気がします。(30代、皮膚科)
・以前内科の研修をしていた時、破傷風菌がへそから検出されたことがありました。とらない理由がわかりません。(50代、小児科)

◎「その他」395件

・取るべきなんでしょうが、むかし自分で自分のを取ったら炎症を起こして痛くなったことがあります。(50代、循環器内科)
・一応、除去は奨めますが、最終的判断は患者さんの意志を尊重します。(60代、循環器内科)
・放置している患者さんが多いので、介助時に気を付けて貰うようにはしています。(40代、精神科)

【調査方法】
期間:2014年7月
有効回答:3697人(回答者はすべて、医師専門サイトMedPeerに会員登録をする医師)
設問:医師専用サイト MedPeer内の「ポスティング調査」コーナーにおいて、医師会員からの投稿テーマをもとに質問。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/29(木) 18:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。