ここから本文です

『昼顔』映画化に「高畑淳子の出演はどうなるの?」 「上戸彩が巨乳解禁しなきゃ惨敗」の声も

おたぽる 9/29(木) 19:00配信

 2014年に放送され、高視聴率を記録した、上戸彩主演ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が映画化されることが27日に明らかとなったのだが、上戸の姑役を高畑淳子が演じていたため、「代役を立てるの?」「あの役は高畑さんのイメージが定着しちゃったから、他の女優は考えられない」などと、ネット上がざわついている。

上戸彩、“木村拓哉派”を表明? ベッキー質問は完全シャットアウトで「完全に縁を切った?」の声

 上戸が演じる主婦と、斎藤工が演じる生物教師との不倫を描いた『昼顔~』は、主婦層を中心に人気を集め、平均視聴率13.9%、最高視聴率16.7%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)と、高視聴率を記録したのだが、上戸の姑役を演じた高畑は、息子の高畑裕太が8月に強姦致傷容疑で逮捕されたことで(後に不起訴)、今後の去就について注目を集めている渦中にあるだけに、『昼顔~』の映画化が発表されるや否や、ネット上では高畑の出演についての是非が話題となった。

「高畑は、家に勝手に上がり込んで料理や掃除をする、おせっかいな姑ぶりを披露したり、斎藤に強烈なビンタを喰らわせたりと、ドラマ内において非常にインパクトのある役柄を演じ、ストーリー展開にスパイスを利かせていただけに、『あの役は高畑さん以外、考えられない』と、続投を望む声が寄せられる一方で、息子・裕太の不祥事の“贖罪”として臨んだ、24日に初日を迎えた主演舞台『雪まろげ』への出演について、『降板すべきだった』と、批判の声が飛び交うなど、しばらくの活動自粛を望む声は少なくありません。また、ドラマが放送されていたのは2年前だっただけに、高畑ファンからは『ドラマが終わってから、すぐに映画化してくれれば良かったのに』と嘆く声が寄せられているようです」(芸能関係者)

「なぜ、今さら映画化?」という疑問の声は、高畑ファン以外からも多く寄せられていて、「今年に入ってからの芸能界の不倫ブームに便乗した?」「惨敗が目に見えているのでは?」などと、揶揄する声ばかりが目立つ。

「高視聴率を記録した勢いそのままに映画化していれば、少しは観客動員を望めたのかもしれませんが、ドラマに熱中していた主婦層のファンの熱もすっかり醒めてしまい、『遅すぎる!』という意見が多く寄せられているようです。また、不倫を題材にしているだけに、『家でこっそり見る分にはいいけど、映画館に行って見るのは抵抗がある』という意見も多く、『スペシャルドラマで良くない?』との指摘も。業界内でも、興業的に苦戦するのではないかと予想する意見が多く、『上戸がヌードにでもならない限り、ヒットは望めないのでは?』と、相当なテコ入れが必要であると指摘する声は少なくありません」(同)

 しかし、その一方で、上戸に関しては、6月に発売された「女性セブン」(小学館)で、HIROとのすれ違い生活を報じられ、ネット上では最近、離婚危機説が頻繁に飛び交っているだけに、「ドラマ版よりも不倫演技に説得力が増してるかも」と、迫真の演技に期待する声も少なくない。

最終更新:9/29(木) 19:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。