ここから本文です

モウリーニョ監督が“同業者”アラダイスに同情 英国代表監督の電撃解任に「気の毒に思う」

Football ZONE web 9/29(木) 13:20配信

「彼のことが好きだ。彼を尊敬している」とビッグ・サムへエールを送る

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、イングランド代表監督を在任わずか67日で解任されたサム・アラダイス氏について「気の毒に思う」と同情を寄せている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 アラダイス氏は英紙「テレグラフ」によるおとり取材にまんまとひっかかってしまった。FIFAなどが禁止している「第三者による選手の保有」規定を回避する指南役などで、アラダイス監督が40万ポンド(約5400万円)の契約を結んだことが明らかになった。

 モウリーニョ監督は「自分が言えることはサムが好きということ。気の毒に思う。なぜなら、彼の夢の仕事だったからね」と語った。ボルトン、サンダーランドなど中堅クラブを率い、ロングボール中心の戦術で戦い続けた61歳の老将は、やっとつかんだ代表監督の座を自らからの愚行で台無しにしてしまった。

「二つ目は、今回起きたことは彼と私との関係に何の影響をもたらさない。彼のことが好きだ。彼を尊敬している。これは変わらないだろう。彼とFAとの問題なんだ」

 フットボール界から立ち去ることになりそうな「ビッグ・サム」の愛称で知られた同業者に対して、モウリーニョ監督はそうエールを送っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/29(木) 13:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。