ここから本文です

日本代表がW杯アジア最終予選10月連戦の26名を発表! 鹿島の永木初招集、本田や香川は「普通の基準であれば呼べない」

Football ZONE web 9/29(木) 15:05配信

日本は2試合消化時点で3位

 日本サッカー協会は29日、10月6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節のイラク戦(埼玉スタジアム)と、11日の同第4節オーストラリア戦(メルボルン)に挑む日本代表メンバーを順次発表した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 W杯アジア最終予選第1節のホームUAE戦は1-2とまさかの黒星スタートを切り、ロシア行きに暗雲が漂ったなか、敵地での第2節タイ戦は2-0と勝利した。2試合を終えて、日本はグループBの6チーム中3位(自動出場圏2位以内)。1位のオーストラリア、2位のサウジアラビアと勝ち点差3で10月の2連戦を迎える。

 そうした状況のなか、バヒド・ハリルホジッチ監督は都内で記者会見を行い、「今回のリストは難しかった」と説明しながら10月シリーズのメンバーを発表した。

 ACミランFW本田圭佑、ドルトムントMF香川真司、インテルDF長友佑都、レスターFW岡崎慎司らこれまでの主力メンバーを選出。リオデジャネイロ五輪代表メンバーからは、9月シリーズ同様、シュツットガルトFW浅野拓磨、川崎フロンターレMF大島僚太が呼ばれた。また鹿島アントラーズのMF永木亮太が初招集となり、同クラブのDF植田直通は再招集されている。招集が期待されたケルンFW大迫勇也は今回落選した。

 日本代表で主力の本田、香川、長友らは、所属クラブで軒並み出場機会を得られておらず、ハリルホジッチ監督は「普通の基準であれば呼べない」と語っている。それでもあくまで欧州組を重用するのか。あるいはメンバーを入れ替え、新戦力の永木を抜擢するのか。

 98年W杯アジア最終予選以降、初戦黒星のチームは本大会にしておらず、日本にとって「W杯出場確率0%神話」が重くのしかかる。一つも落とせない試合が続くなか、日本代表の真価が問われる。

 招集メンバーは以下の通り。

GK
西川周作(浦和)
東口順昭(G大阪)
川島永嗣(メス)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガー)
長友佑都(インテル)
太田宏介(フィテッセ)
吉田麻也(サウザンプトン)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(C大阪
柏木陽介(浦和)
永木亮太(鹿島)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(セビージャ)
大島僚太(川崎)

FW
本田圭佑(ACミラン)
小林悠(川崎)
宇佐美貴史(アウグスブルク)
原口元気(ヘルタ)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)
浅野拓磨(シュツットガルト)


【W杯アジア最終予選順位/2試合消化】
1位 オーストラリア(勝ち点6/2勝0分0敗)
2位 サウジアラビア(勝ち点6/2勝0分0敗)
3位 日本(勝ち点3/1勝0分1敗)
4位 UAE(勝ち点3/1勝0分1敗)
5位 イラク(勝ち点0/0勝0分2敗)
6位 タイ(勝ち点0/0勝0分2敗)

【日程】
◯アジア最終予選第3節
10月6日(木) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
日本代表vsイラク代表

◯アジア最終予選第4節
10月11日(火) 20:00(日本時間18:00)キックオフ(予定)
ドックランズスタジアム(オーストラリア/メルボルン)
オーストラリア代表vs日本代表

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/29(木) 15:39

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。