ここから本文です

【英国人の視点】福岡と湘南、残留へ厳しい状況も監督を継続させるべき理由

フットボールチャンネル 9/29(木) 10:40配信

 J1も終盤戦に入り、残留争いも佳境を迎えている。アビスパ福岡と湘南ベルマーレは、数字上厳しい状況にある。勝ち点は伸ばせていないが、ピッチ内ではしっかりと戦えている。英国人記者は両クラブの監督が来季も継続的に指揮をとるべきと説く。両指揮官はどのようなビジョンを持っているのか。(取材・文:ショーン・キャロル)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

数字上は厳しい状況の福岡と湘南

 アビスパ福岡と湘南ベルマーレの今シーズンの運命は決まってしまったかのようだ。ともに他チームから大きく引き離されて順位表の最下部に沈み、トップリーグ残留にはもはや手遅れの感がある。

 2週間前の直接対決に勝利を収めたことで福岡は勝ち点で湘南と並び、両チームともにわずかな残留への可能性を残す状況となった。だが先週末は両チームとも白星ならず。アビスパはホームでヴィッセル神戸に1-4の敗戦を喫し、ベルマーレはアウェイでジュビロ磐田と0-0のドローだった。

 この結果、残された勝ち点が最大でわずか12ポイントとなったところで、湘南と福岡はそれぞれ残留ラインから8ポイントと7ポイント差。奇跡でも起きない限り、来季はJ2へ逆戻りすることになるだろう。

 興味深いのは、降格が決まった後で両チームの監督がどうなるかだ。福岡の井原正巳監督も湘南のチョウ・キジェ監督も苦しいシーズンを過ごしてはきたが、どちらも才能ある若手監督だ。2人が続投を望んでいるとしても、他クラブからのオファーはあるかもしれない。クラブが彼らに別れを告げることになるとすれば残念なことだ。

 井原監督はこの仕事が初めての監督経験だが、柏レイソルのコーチングスタッフの一員として過ごした5年間で評価を高めていた。ネルシーニョ監督を助け、2010年と2011年にはJ2とJ1での2年連続タイトル獲得に貢献している。アビスパを率い始めてからの約2年間にも、優れたポテンシャルを示してきた。

 J2での最初のシーズンは3連敗でスタートさせた元日本代表キャプテンだが、シーズン終盤にはアビスパを浮上させ、12試合連続の無敗を達成。8連勝でレギュラーシーズンを終えると、セレッソ大阪とのプレーオフでは87分のゴールにより劇的にJ1への昇格を勝ち取った。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。