ここから本文です

わーすた、新曲の世界観を再現したコラボカフェオープン 廣川奈々聖「もしかしたら会えるかも」

リアルサウンド 9/29(木) 15:11配信

 わーすたが、9月28日にリリースした1stシングル『完全なるアイドル』の発売を記念して、東京・AREA-Qに「わーすた presents 完全なるアイドルCafe」と題したカフェをオープン。プレオープン日である9月28日、コラボカフェ店内で囲み取材を実施した。

 「完全なるアイドル」は、「天使と悪魔」がコンセプトのゴシックロックサウンドの楽曲。猫耳の衣装を着たメンバーが、<アイドルが多すぎる><猫耳しんどい>など、本音とも言える歌詞を歌うユニークな楽曲に仕上がっている。コラボカフェ店内は、「完全なるアイドル」のMVの世界観を再現し、メンバーそれぞれが考案したオリジナルドリンクやわーすたの楽曲に因んだメニューも用意されている。

 廣川奈々聖は、メンバーカラーのパステルグリーンが映える「“アイスしんどい”悪夢のメロンソーダ」を考案。「ほかのメンバーは凝った感じなんですけど、私のはどストレートにメロンソーダとソフトクリームという最強に美味しい組み合わせで、猫ちゃんみたいに耳があったり、可愛いだけじゃなくて美味しいメロンソーダです」と紹介した。

 フードメニュー「ちいさなちいさなパンケーキ」については、松田美里が「わーすたに『ちいさなちいさな』という曲があるんですけど、メンバーで『ちいさなちいさなパンケーキがあったら絶対可愛いね』って話してて、今回実現しました」と明かした。パンケーキには、メンバーカラー5色を用いたデザートトッピングがあしらわれている。

 MVの世界観を表現した店内に、廣川は「一番はこのドールボックスかなと思っていて、MV撮影の時にこれは撮影用ってだけで用意して頂いたんですけど、また再現できることになって。このセットは本当に可愛いのでファンの方には見てもらいたいなと思っています。あとは、映像が日替わりで流れるものがあったり、カフェでしか見られない写真だったり。毎日来ても楽しめるカフェになっていると思います」とアピール。

 また、記者に「カフェにお客さんとして来る機会はありますか?」と聞かれ、三品瑠香は「原宿ジャックの時に来すぎて、マネージャーさんから『もう来ないでください』って言われちゃったんです」と、5月4日にアルバム『The World Standard』をリリースした際に「『原宿』×『わーすた』KAWAIIジャック」を行ったことを振り返った。続けて、廣川は「お客さんとしては来れないですけど、カフェの従業員さんとしてメンバーがたまにいるかもしれないですね。もしかしたら会えるかも、90%くらい(笑)」と、カフェでメンバーに会うことができる可能性を仄めかした。

 店内には、オリジナルガチャやカフェ限定のクレーンゲーム機が設置され、大型ビジョンにはわーすたのライブ映像やMV、撮り下ろしの日替わりコメントが上映されていた。コラボカフェは、本日9月29日より通常営業を開始し、10月10日までの間“完全なるカフェジャック”の空間となる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/29(木) 15:11

リアルサウンド