ここから本文です

『ザ・ビートルズ』特別映像 ポール&リンゴが日本のファンに向けてメッセージ

リアルサウンド 9/29(木) 15:51配信

 現在公開中の『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』より、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターのインタビュー映像が公開された。

 本作は、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来21年ぶりのアップル公式作品。ザ・ビートルズの多数のライブ映像と、著名人や関係者のインタビューとともに、彼らの曲の変遷と人気の理由に迫る。『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワードがメガホンを取った。

 このたび公開されたインタビュー映像は、9月15日にロンドンで行われたワールドプレミアの際に収録されたもの。日本のファンに向けて、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターがインタビューに応えている。

 「本作の完成に対する感想は?」との問いに、「とてもいい気分だよ。僕たちはこの作品のために時間を費やしたんだけど、ロン・ハワードが監督してくれてラッキーだった」とリンゴが答えている時に、ポールは「僕も同感だよ」と言いつつもジャケットのボタンを気にしている様子。すると「ところで君に教えてあげよう。スクープが欲しいだろ。このジャケットを見てくれ! このジャケットはね、『ハード・デイズ・ナイト』のプレミアで着たものなんだよ!」とジャケットの裏を見せるとそこには「Dougie Millings」のタグが。すかさずリンゴが「ドギー・ミリングス(=ダグラス・ミリング。ビートルズの仕立て屋として知られている)のスペシャルだよ。僕のも出してきたのに」と応酬。

 最後に日本のファンへのメッセージとして、リンゴは「日本のみんな。ピース&ラブ! 10月に行くよ!」とピースサイン。ポールは日本語で「ピース&ラブ! みんなコンニチワ! コンバンワ! 日本! 愛してるよ!」と投げキッスで締めくくった。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/29(木) 15:51

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。