ここから本文です

川崎の韓国代表GKが語る同僚ソン・フンミンの武器は「瞬発的な爆発力と集中力」 岡崎についても…

Football ZONE web 9/29(木) 20:08配信

川崎で正守護神を務めるチョン・ソンリョン

 今季から川崎フロンターレの守護神を務め、チームの躍進を最後方から支えている韓国代表GKチョン・ソンリョンが、代表の同僚で、目下プレミアリーグで絶好調のトットナムFWソン・フンミンの“ゴールハンター”としての凄みについて語った。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 チョン・ソンリョンは17日のJ1セカンドステージ第12節大宮アルディージャで右膝を負傷。現在は復帰に向けてリハビリに励んでいる。負傷以前に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーにも招集されており、1日に行なわた中国戦(3-2)に先発フル出場を果たしていた。

 その試合でともに先発出場し、チームを白星スタートに導いたのが、韓国代表エースのソン・フンミンだ。8月のリオデジャネイロ五輪にはオーバーエイジの一員として参戦するも、準々決勝ホンジュラス戦では決定機を決めきれずに0-1と敗れ、“兵役免除”を意味するメダル獲得に手が届かなかった。さらに前述した中国戦の5日後に行われたW杯アジア最終予選第2節のシリア戦(0-0)を前に、トットナムでの調整を理由に異例の途中離脱。母国で批判も浴びたソン・フンミンだが、その後はクラブで目覚ましい活躍を見せている。

 27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節CSKAモスクワ戦でも、ソン・フンミンは決勝ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。24日のプレミアリーグ第6節ミドルスブラ戦(2-1)でも2得点を決めており、今季公式戦5試合で5ゴールと爆発している。

 そんな飛躍を遂げる同胞エースについてチョン・ソンリョンに尋ねると、現在の好パフォーマンスを支えるストロングポイントについて、次のように語った。

「技術力にものすごく長けた選手。シュートもとにかく上手いです。それに、チームが攻撃にシフトする際、彼の瞬発的な爆発力と集中力は圧倒的に凄まじい。ゴールを奪いに行く時の集中力が極めて高いですね」

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 20:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。