ここから本文です

「私は泣きません、言い訳しません」 強気と弁解が入り混じった90分超の“ハリル節”

Football ZONE web 9/29(木) 22:10配信

代表合宿のミーティング中に居眠りという事態も、指揮官は「時差の関係」とお咎めなし

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は29日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で10月6日の本拠地イラク戦と11日の敵地オーストラリア戦に臨むメンバー発表会見に臨んだが、「私は泣かない」と強気な発言を残した。その一方で、「監督の発言は言い訳に聞こえる」、「結果が出なければ進退をどう考えるのか」という質問に対して応戦する姿勢を見せたが、それでもどこか“言い訳”に聞こえるコメントを口にしている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ハリル監督は、9月シリーズのUAE戦とタイ戦はコンディションの問題があったと指摘されると、試合2日前のトレーニング強度に失敗したと自らの落ち度を認めた。実際に、欧州でプレーする選手は、日曜日のナイトゲームが組まれれば、チームへの合流が2日前の火曜日、そして木曜日に試合というハードスケジュールを強いられる。

「試合の2日前というのは、我々にとって本当に難しい。たくさんのことができない要因だ。身体が疲労しているなかで、タクティクスのために45分間で9個のテーマを挙げた。やりすぎかと思ったが、疲労しているところにさらに疲労を与えてしまった。1回のトレーニングで守備もトレーニングも伝えなければいけない。だが、私は魔法の杖を持っていない。すぐに変化させられない。選手は疲労してしまった。時差の関係でミーティング中に寝てしまう選手がいる。笑う人もいるが、冗談を言える状況ではない」

 ミーティング中の居眠りという前代未聞の事態が代表合宿で起きていたようだが、ハリル監督は「時差の関係」と咎めることはなかった。そして、泣くことなく改善策を模索すると語っている。

「私の仕事は何ら変わらない」と力説

「身体生理学的に、2日で7時間や8時間の時差を消すのは不可能だ。今回は、映像を見る時間を少し短くして、私たちがトライすることとして、映像を先に選手に送って合宿の前に見て欲しい。見てくれると期待する。そして、合宿ではトレーニングを短くしたい。簡単ではないが、私はチョイスした。私は泣きません、言い訳をしませんと書いてください。負けるのは本当に嫌いです。私は引き下がりません。我々のスタッフや選手がやりすぎだと言っても泣きません。泣いた人はグラウンドから出てもらう」

 自ら「言い訳をしないと書いてくれ」と要望を出した。しかし、報道陣からは「時差の問題や欧州組の状況はすでに昨年に経験済みで、サインする前から分かっていたのではないのか。打開策を話すべきだ。その発言は言い訳に聞こえる」という指摘が飛ぶと、強気な態度を崩さずにいながらも答えにならない答えを返した。

「私の目的は、もっと日本のサッカーを向上させることだ。世界の強豪と対等に渡り合えるようにしたい。だが、ピッチでトレーニングをする時間は与えられていない。これは言い訳ではない。私は皮肉な冗談だと受け止めた。それを言われて何が変わるのか。私は何をすべきか分かっている。A代表の発展を見て欲しい。私が就任してからの統計、数字も明らかになっている。私の考え方に反対するのは全く問題ない。だが、私が言い訳をしてないことは理解してほしい。皮肉な冗談を言い続けて欲しい。私の仕事は何ら変わらない」

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 22:10

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革