ここから本文です

ハリル監督の悩みは深まる一方… 29日ELで長友は4試合連続の先発落ち濃厚

Football ZONE web 9/29(木) 23:21配信

EL敵地スパルタ・プラハ戦、地元紙は長友をベンチスタートと予想

 インテルの日本代表DF長友佑都が29日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)敵地スパルタ・プラハ戦で4試合連続のスタメン落ちとなる可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 長友は、29日に発表された日本代表ワールドカップアジア最終予選、本拠地イラクと敵地オーストラリア戦のメンバーに選出された。だが、15日のEL初戦の本拠地ハポエル・ベアシェバ戦で2失点に絡んで敗れ、よもやの戦犯の一人となった長友はフランク・デブール監督からレギュラーの座をはく奪された。

 ガゼッタ紙の予想したシステムは4-2-3-1。4バックはダンブロージョ、ラノッキア、ムリージョ、ミアング。長友はベンチメンバーに予想されている。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は、代表主力の海外組が所属クラブで総崩れとなっている現状について、「本田、岡崎、真司(香川)、清武……。先発じゃないのか、さよならとはいかない。7年、8年と日本に尽くしてきた選手を外せばメンタルが壊れる。信頼を与えるから、ピッチで見せてくれと。それが私のやり方だ」とメンタル状態を考慮し、特別待遇をしていると自ら明かした。

 長友のEL欠場は、ハリル監督の苦悩を一層、深刻化させるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/29(木) 23:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。