ここから本文です

【画像あり】お相撲部屋で暮らす2匹の猫、モルとムギのあたたかな日常

ダ・ヴィンチニュース 9/29(木) 11:00配信

 東京は浜町にある相撲部屋・荒汐部屋で暮らす2匹の猫「モル」と「ムギ」。2匹の幸せな日常を紹介する写真集『相撲部屋の幸せな猫たち』が、2016年10月7日(金)に発売される。

 福岡のノラ猫だったモル。九州場所のときに拾われ、そのまま一緒に東京で暮らしている。今年で12歳。お外にも散歩に行く、元気で人懐こい子だ。

 荒汐部屋の前の駐車場に捨てられていたムギはとっても人見知り。荒汐部屋の3階にある、力士たちのプライベートフロアからは出てこない。

 テレビや雑誌にも多数登場、ネットでも話題になっている大人気のモルとムギ。彼らをお目当てに荒汐部屋の見学に来るファンもいるほど。

 そんな2匹も、今ではすっかり荒汐部屋の小さな家族だ。大きくて強くて優しい男子に囲まれて暮らしている、ふんわり、もふもふの可愛いねこたちの幸せな日常をあなたものぞいてみてはいかがだろう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/29(木) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。