ここから本文です

欧米主要国を女性が率いる時代がくる? 女性のキャリア向上に影響はあるか

Forbes JAPAN 9/29(木) 10:00配信

史上初めて、欧米主要国の大半を女性が率いるという状況が生まれるかもしれない。これは注視すべき、素晴らしいことだ。だが、それは必ずしも、米国の大統領候補ヒラリー・クリントンとドイツのアンゲラ・メルケル首相、英国のテリーザ・メイ首相が、女性のキャリア推進を積極的に支援するということを意味するわけではない。



バラク・オバマが米国史上初の黒人大統領に就任した時、黒人の地位向上につながるだろうと多くの人たちが考えた。残念なことに、米国では黒人の失業率は依然として高いままで、貧困率はむしろ悪化。黒人世帯と白人世帯との所得格差は、過去25年で最大となっている。そして、これまでに相次ぎ発生している事件からも分かるように、警官による黒人男性の射殺事件を巡る市民の不安は恐ろしいほどに高まり、暴力事件も同様に増加している。

一人の人間が全ての人に変化を約束することは不可能だ。政治やビジネスの世界で指導者の役割を担う女性が増えても、女性たちはここで自己満足に陥ることはできない。リーダーが女性だからといって、あなたが自分のキャリアと生活に対して負う責任から解放されるわけではなく、あなたのキャリアの向上は、あなた自身にかかっている。キャリアアップを実現するには主に、次の3つの方法がある。

1. 流れに乗る

キャリアアップのために行動すべき時があるとすれば、それは今だ。ここ数年、女性がリーダーシップを取ることへの関心はますます高まっており、リーダーたちの存在感も増している。こうした流れをうまく利用して行動を進め、前向きに目標に向かって取り組もう。

障害を乗り越え、前進するために行動を起こす女性はかつてないほどに増えている。元キャスターのグレッチェン・カールソンはセクシャルハラスメントでFOXニュースを訴えると共に、同社が自分との契約を更新しなかったのは、女性に対する不公平な待遇に抗議したためだ主張した。また、女優のジェニファー・ローレンスは男性の共演者よりも映画出演料が少ないことに苦言を呈する公開書簡を発表し、ハリウッドの男女格差の問題にスポットライトを当てた。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント