ここから本文です

裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは

Forbes JAPAN 9/29(木) 17:30配信

裸で眠ると熟睡できてお金が貯まり、ストレスが減り、体重も減る──そう言われたら、あなたはどうするだろうか。これらの効果を得るための方法は、数えきれないほど紹介されている。だが、裸で眠ることより簡単に実行できるものはない。さらに、裸で眠ればその他の効果も得ることができる。



実際に裸で眠っているという人はわずか8%だといわれている。つまり、実行することで効果を得られる人は、それだけ大勢いるということだ。主に挙げられる4つの効果を、以下に紹介する。

1. 熟睡できる

質の良い睡眠が脳に良いことは、すでに知られていることだ。米ロチェスター大学の研究により、それがどのように良いのかも確認されている。研究結果によれば、脳は睡眠中に神経細胞の間から毒性タンパク質を除去するのだという。毒性タンパク質は、起きている間の神経活動から生じる副産物だ。

ここで問題となるのは、脳が十分にこれらの毒性タンパク質を除去できるのは、質の高い睡眠が十分に取れているときだけだということだ。質の高い、深い睡眠を取ることができていないと、毒性タンパク質は脳細胞の中に残り、大きな損傷をもたらす。そして、最終的にはあなたの思考能力に悪影響を及ぼすことになる。情報を処理する速度が鈍化し、問題を解決する能力が減退し、創造力が失われ、感情的反応が高まる。

また、オランダ・アムステルダム大学の研究では、皮膚の温度を下げると睡眠が深くなり、就寝中に目覚める回数が減ることが分かっている。裸で眠れば、室温を変えなくても皮膚の温度を下げることができる。

2. ストレスが減る

長期にわたってストレスを抱えていることが心身に悪影響をもたらすことは、誰もが知っている。免疫系の働きを抑制し、心疾患やうつ病、肥満、認知能力低下のリスクを高める。また、ストレスはコルチゾール値を大幅に上昇させる。適切に休息を取ることはこの値を正常に戻すことを助け、ストレスを低減させる。

3. より健康になる

裸で眠ることが健康にもたらす効果は幾つもある。体重減少もその一つだ。米国立衛生研究所(NIH)の研究結果によると、睡眠中の体温が低いと新陳代謝が促進される。体温が低いときにはそれを引き上げようとして、より多くの褐色脂肪細胞が活性化され、熱を生むためにより多くのカロリーを燃焼させるからだ。これによって新陳代謝が促進され、体が一日中、自然と体重を減らす働きを続けることになる。

また、裸で眠れば血行が促進される。これは、心臓や筋肉にとって良いことだ。睡眠の質も高まり、成長ホルモンとメラトニンの分泌が活発になる。これらの分泌にはどちらも、アンチエイジング効果がある。

4. 自信が付く

自信があると、気分が良いというだけではない。自信は成功のカギだ。新しいことを始める気を起こさせ、実際に挑戦させ、困難に直面しても忍耐力を維持することができる。

豪メルボルン大学の調査によれば、自信がある人はない人に比べ、収入が多く、昇進も早い。裸で眠れば、ありのままの自分でいることを快適に感じられるようになる。そうなれば、自己評価が高まり、自信も高まる。

Travis Bradberry

最終更新:9/29(木) 17:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革