ここから本文です

【CL2節】バルサ、A・マドリー、ナポリが連勝! etc.

SOCCER DIGEST Web 9/29(木) 6:39配信

バルサはメッシ欠場でも攻勢に立ち、交代策的中で逆転勝利。

 9月28日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)はグループステージ第2節の残り8試合が欧州各地で行なわれた。
 
 グループC、敵地に乗り込んだバルセロナは、エースのリオネル・メッシを負傷で欠いたものの、試合では攻勢を続けてチャンスを量産。しかしこれを活かせず、逆にショートカウンターからトルガン・アザールにゴールを奪われ、ホームチームの先制を許す。
 
 ストレスの溜まる時間が続いたバルサだったが、ルイス・エンリケ監督の交代策が的中し、アルダ・トゥランが65分に同点ゴール。その9分後には、CKからルイス・スアレスがシュート、これをジェラール・ピケが詰めて逆転に成功した。
 
 一方、マンチェスター・シティは、セルティックとのアウェーマッチで常に先手を取られて3-3の引き分けに終わっている。これでシーズン開幕から続いていた公式戦の連勝は10で止まった。
 
 この日の最大の注目カードはグループD、アトレティコ・マドリー対バイエルンという、昨シーズンの準決勝の再現。そして結果は、昨シーズンのホームゲーム同様、A・マドリーが1点(得点はヤニック・カラスコ)を守り切って、雪辱を期した難敵を返り討ちにした。
 
 グループAでは、第1節で1-1の痛み分けに終わったパリ・サンジェルマンとアーセナルの強豪2クラブが、それぞれ初勝利を挙げている。
 
前節では先制点を挙げるも、その後に訪れた多くのチャンスを活かせず、勝点2を逃す要因となったパリSGのエディンソン・カバーニだったが、今節はルドゴレツ相手に2ゴールを奪って溜飲を下げた。
 
 週末にチェルシーを3-0で下すなど好調なアーセナルは、バーゼルをホームに迎えての一戦でも主導権を握り、前半でセオ・ウォルコットが2ゴールを奪って勝点3をゲット。後半は決定力に課題を残したものの、会心の勝利を飾っている。
 
 グループBでは、ナポリがベンフィカ相手に攻撃力を爆発させて4-2の勝利。2連勝で早くも、2位(ベジクタシュ)に4勝点差をつけた。
 
 CLグループステージ第3節は、10月18日(グループE~H)、19日(グループA~D)に行なわれる予定だ。
 
◇グループA
ルドゴレツ 1-3 パリ・サンジェルマン
得点:ル=ナタナエウ(16分) パ=マテュイディ(41分)、カバーニ(56・60分)
 
アーセナル 2-0 バーゼル
得点:ウォルコット(7・26分)
 
順位
1位:パリSG 勝点4
2位:アーセナル 勝点4
3位:ルドゴレツ 勝点1
4位:バーゼル 勝点1
 
◇グループB
ベジクタシュ 1-1 ディナモ・キエフ
得点:ベ=カレスマ(29分) デ=ツィガンコフ(65分)
 
ナポリ 4-2 ベンフィカ
得点:ナ=ハムシク(20分)、メルテンス(51・58分)、ミリク(54分) ベ=グエデス(70分)、サルビオ(86分)
 
順位
1位:ナポリ 勝点6
2位:ベジクタシュ 勝点2
3位:ディナモ・キエフ 勝点1
4位:ベンフィカ 勝点1
 
◇グループC
ボルシアMG 1-2 バルセロナ
得点:ボ=アザール(34分) バ=アルダ(65分)、ピケ(74分)
 
セルティック 3-3 マンチェスター・シティ
得点:セ=デンベレ(3・47分)、オウンゴール(20分) マ=フェルナンジーニョ(12分)、スターリング(28分)、ノリート(55分)
 
順位
1位:バルセロナ 勝点6
2位:マンチェスター・C 勝点4
3位:セルティック 勝点1
4位:ボルシアMG 勝点0
 
◇グループD
アトレティコ・マドリー 1-0 バイエルン
得点:カラスコ(35分)
 
ロストフ 2-2 PSV
得点:ロ=ポロス(8・37分) P=プレッパー(14分)、デヨング(45+2分)
 
順位
1位:A・マドリー 勝点6
2位:バイエルン 勝点3
3位:PSV 勝点1
4位:ロストフ 勝点1

フットボーラーの「美人すぎる」&「セクシーすぎる」妻&恋人たち

最終更新:9/29(木) 9:11

SOCCER DIGEST Web