ここから本文です

雪辱失敗のバイエルン…アンチェロッティ監督は「プレーが遅すぎた」

SOCCER DIGEST Web 9/29(木) 8:12配信

「タフな相手であり、ビセンテ・カルデロンは難しい場所だ」

 チャンピオンズ・リーグ(CL)でアトレティコ・マドリーとのアウェーマッチに敗れたバイエルン。昨シーズンの準決勝ではアウェーゴールの差で決勝進出を阻まれた因縁の相手との対決だったが、返り討ちに遭うかたちとなった。
 
 トーマス・ミュラー、ロベルト・レバンドフスキが得点機を得ながらも、GKヤン・オブラクの好セーブなどによって阻まれ、35分のヤニック・カラスコのゴールを守り切られたバイエルン。カルロ・アンチェロッティ監督はドイツ公共放送局『ZDF』に、以下のように敗因を語っている。
 
「我々は、攻撃に転じてからのプレーが遅すぎた。ボールコントロールでのイージーミスも多かった。相手はプレーが速く、効率的にチャンスを作っていた」
 
「プレーに決意が足りなかった」と相手との差を表現したアンチェロッティ監督は「最初のうちに1対1でボールを失い、相手にペースを与え、そしてゴールを奪われた」と序盤の出来の悪さを反省した。
 
 2013年から2シーズン、レアル・マドリーを率いたアンチェロッティ監督は、かつての宿敵について「当時と比べて幾らか選手の顔ぶれは変わったが、チーム自体は変わっていない。タフな相手であり、ビセンテ・カルデロン(A・マドリーの本拠地)は難しい場所だ」と語っている。
 
 バイエルンの監督就任以来、連勝が8でストップしたアンチェロッティ監督は、「負けることはいつでも悲しいものだ」と語りながらも、「われわれはまだ、グループを勝ち抜くことはできる。リターンマッチでは(A・マドリーに)勝たねば」と気持ちを切り替えていた。

フットボーラーの「美人すぎる」&「セクシーすぎる」妻&恋人たち

最終更新:9/29(木) 8:32

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。