ここから本文です

W杯アジア最終予選メンバーに本田、香川ら26名を選出。鹿島・永木を初招集!

SOCCER DIGEST Web 9/29(木) 15:18配信

10月6日にイラク、同11日にオーストラリアと対戦。

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選に向けた日本代表の招集メンバーが9月29日、都内のJFAハウスで発表された。日本は10月6日にホームで第3戦・イラク戦、同11日にアウェーで第4戦のオーストラリア戦を迎える。
 

【日本代表PHOTO】W杯予選・イラク戦、豪州戦のメンバー26名


 今回は、フィールドプレーヤー23名、GK3名の計26名が選出された。メンバーには、欧州組が本田圭佑(ミラン)、香川真司(ドルトムント)ら15名、国内組からは西川周作(浦和)、森重真人(FC東京)、そして初招集の永木亮太(鹿島)など11名が選ばれた。
 
 欧州組では、メス(フランス)の川島永嗣が復帰。また、国内組では、9月シリーズで負傷離脱した槙野智章(浦和)が選出された。大島僚太(川崎)、浅野拓磨(シュツットガルト)、植田直通(鹿島/※前回は追加招集)のリオ五輪組も前回に引き続き選出された。
 
 アジア最終予選に向けた日本代表メンバー26名は以下のとおり。
 
GK
西川周作(浦和)
東口順昭(G大阪)
川島永嗣(メス/フランス)
 
DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
太田宏介(フィテッセ/オランダ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島)
 
MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(C大阪)
柏木陽介(浦和)
永木亮太(鹿島)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セビージャ/スペイン)
大島僚太(川崎)
 
FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
小林 悠(川崎)
宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
 
※順番は発表順


 

最終更新:9/29(木) 18:45

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。