ここから本文です

ストーンズ、キューバでのライヴ音源・ドキュメンタリー映画を11月にリリース

ローリングストーン日本版 9/29(木) 16:00配信

ザ・ローリング・ストーンズは、11月11日にキューバでの歴史的コンサートを収録したDVD『ハバナ・ムーン』をリリースする。

【動画あり】ストーンズ、キューバでのライヴ音源・ドキュメンタリー映画を11月にリリース

ポール・ダグデール監督によるライヴ映像は、9月に一夜だけ劇場で上映され、今では『ハバナ・ムーン』の短いトレイラーが公開されている。この約30秒のクリップは、『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』、『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』、『サティスファクション』を演奏するストーンズの断片的な映像に、熱狂するファンの姿がちりばめられている。

『ハバナ・ムーン』と並行して、ダグデールはキューバでのコンサートでクライマックスを迎えるストーンズの中南米のツアーをドキュメンタリーにまとめている。『オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテンアメリカ』がそれだ。この映像はトロント・フィルム・フェスティバルでプレミア上映され、ストーンズのチームがハバナでのフリー・コンサートを仕上げていく舞台裏も部分的にフィーチャーしている。

ローリング・ストーンズは今年3月、初のキューバ公演を行い、推計で50万人に向けて演奏した。「まったく普通のコンサートではなかった。人々はハグし合い、信じられないことが起きていることを分かち合っていた。南米とメキシコで続いたショーの終わりを迎え、昨夜は、この伝説のグループにとっては少なくとも当面の区切りになっただろうが、キューバの音楽界にとって、新しい章の始まりとしてすべてが記憶されるだろう」とローリングストーン誌のレヴューも書いている。

『ハバナ・ムーン』は、いくつかの形式で入手できるようになるが、すべてのパッケージにライブ音源とコンサート映像が含まれている。2枚組CDのセットでは、映像はDVDかBlu-Rayのいずれかが選択でき、3枚組バイナルLPセットには、DVD録音が付属する予定だ。スペシャル・デラックス版も現在製作中となっている。

『ハバナ・ムーン』トラック・リスト

1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
2. イッツ・オンリー・ロックン・ロール
3. アウト・オブ・コントロール
4. 悲しみのアンジー
5. 黒くぬれ
6. ホンキー・トンク・ウィメン
7. ユー・ガット・ザ・シルヴァー
8. ミッドナイト・ランブラー
9. ギミー・シェルター
10. 悪魔を憐れむ歌
11. ブラウン・シュガー
12. 無情の世界
13. サティスファクション

Translation by Kise imai

JON BLISTEIN

最終更新:9/29(木) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。