ここから本文です

ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン等、スター総出演のヒラリー応援動画が公開

ローリングストーン日本版 9/29(木) 17:30配信

『アベンジャーズ』の監督ジョシュ・ウェドンは、アメリカ国民に投票を即すことを目的としたコメディ・ビデオシリーズを製作するために、ヒラリー・クリントンを支持する有名スターを一同に集めた。

【動画あり】ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン等、スター総出演のヒラリー応援動画が公開

映画『アベンジャーズ』シリーズの監督を務めるジョシュ・ウェドンは、ロバート・ダウニー・Jrやスカーレット・ヨハンソン、マーク・ラファロ、ドン・チードルといった、彼の描くスーパーヒーロー作品の仲間たちを含む有名スターによるヒラリー・クリントンのサポート・チームを集結し、リベラル寄りの層に大統領選でクリントンに投票を即すためのコメディ・ビデオシリーズを製作した。

米週刊誌ハリウッド・レポーターによると、ウェドンの立ち上げたキャンペーン『Save the Day』は、クリントンを応援し、ドナルド・トランプを打ち負かすために既に100万ドルを寄付している。また新しいビデオでは、投票率の低い様々な層 ─ 特に農村部の大卒の白人女性、黒人男性、ミレニアル世代など ─ を取り込み、投票を即しクリントンを応援することを目的としている。

一般的な政治広告を皮肉った『Save the Day』のビデオには、ジュリアン・ムーア、ジェームズ・フランコ、キーガン=マイケル・キー、クラーク・グレッグ、スタンリー・トゥッチ、マーティン・シーン、ニール・パトリック・ハリス、タラン・キラム、ロージー・ペレスなどの多くの有名スターが登場する。

『Save the Day』に登場する有名人たちは、新たな最高裁判事の選出と銃規制法案といったような、クリントンが選出された場合に得られる恩恵の最後の一押しとして、もし有権者が投票日にクリントンに投票したならば、マーク・ラファロが次の作品でヌードシーンを披露することを約束している。

ウェドン監督はハリウッド・レポーターで「これは攻撃するためのビデオじゃない。なぜならドニー(ドナルド・トランプ)は自分で自分のことを攻撃するのが得意だからね」と語っている。さらに彼は「このビデオはみんなに投票してもらうためのものだ。国民にとって生涯で最も重要な選挙なのに、無関心でいるのは恐ろしいことだからね」とコメントした。

Translation by Yuka Ueki

DANIEL KREPS

最終更新:9/29(木) 17:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ