ここから本文です

光岡自動車が台湾で初の霊柩車輸出を開始。パールホワイトのボディカラーも設定

clicccar 9/29(木) 19:03配信

カスタムカーメーカーの光岡自動車が、初の霊柩車輸出を台湾で開始すると発表しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



光岡自動車は、2015年3月から台湾国内で法門開發股份有限公司(FAHMAN MOTORS)と霊柩車販売代理店契約を結んでいましたが、台湾国から車両認証を得たことから本格的な販売を開始することになりました。



光岡自動車が台湾で販売を開始する霊柩車は「ミツオカリムジンタイプⅤ(5名乗車)」。

同社の「ガリュー」をベースに、センターを1,200mm、リヤオーバーハングを400mm延長して、全長6,560mm×全幅1,840mm×全高1,776mmの大型リムジン型霊柩車となっています。排気量は2,488ccで、駆動方式は2WD/FFです。



台湾での法規に対応して左ハンドル仕様となっているほか、細部の仕様が日本仕様とは異なる台湾仕様になっています。

ボディカラーについても日本の霊柩車はほとんどが黒ですが、台湾へはブラックとパールホワイトを主なボディカラーとしているのも特徴です。

10月より販売活動を開始し、年間10台の販売を見込んでいます。



今回、日頃目にすることが少ない霊柩車の内部照明など、細部仕様を表す画像が発表されましたので、画像ギャラリーをご覧ください。

台湾では1987年に埋葬禁止令が制定されてから、日本と同様に火葬化が進展し、現在では火葬率が90%以上に達しています。



日本と同様、台湾でも霊柩車は葬儀場から火葬場までの搬送用途に使用されています。

現在、台湾国内では輸入された霊柩車が市場を席巻している状態で、米国車、欧州車をベースにした霊柩車が使用されています。

現在、台湾で使用されている霊柩車には「ミツオカリムジンタイプV」のようなクラシカルデザインの霊柩車は存在していないので、光岡自動車では台湾でも多くの方に受け入れてもらえると確信している、ということです。

(山内 博・画像:FAHMAN MOTORS)

最終更新:9/29(木) 19:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革