ここから本文です

自民・二階幹事長が翁長知事と会談 官邸は静観の構え

デイリー新潮 9/29(木) 5:50配信

 揉めている場に出張っては俺が仲裁してやると言う。解決するならまだしも、そうでないなら、“俺”はただの目立ちたがりである。

 14日、沖縄を訪問していた自民党の二階俊博幹事長(77)が翁長雄志知事(65)と会談した。知事は“官邸とは違って自由闊達な意見交換ができる”と話していたが、今回、二階氏には特別な思い入れがあったという。政治部デスクの話。

「実は翁長知事のお兄さんと大学時代からの友人で、知事とも何度も会っているのです。さらに、二階氏の後援会も20年ほど前から沖縄にあるんです」

 後援会顧問を務める外間盛善元沖縄県議が言うには、

「新進党の支部を沖縄でも作った縁で親しくなったんです。東京からよく来て飲み会をやっていましたね。二階さんが沖縄に出入りしやすいようにと作ったのが後援会。10年ほど前には、皆で二階さんの地元、和歌山の名所旧跡を訪れたこともあります」

 一方、最大の懸案となっている基地問題については、

「20年以上の付き合いになりますが、一度も話し合ったことがありません」(同)

 先のデスクがこう言う。

「13日には、菅官房長官とキャピトル東急で対応のすり合わせをしていますが、知事から要望書を受け取ったものの、基地問題への言及は一切ナシ。持論がないですしね。会談の中身も、沖縄の渋滞解消などを陳情したり、自民党の本部に沖縄の物産品を置こうとか、幹事長と知事との話し合いとは思えぬものでした」

 会談は二階サンお得意のパフォーマンスなのか。菅氏は周囲に“アプローチが変わっても、結論は変わらない”と話しているという。

「静観の構えです。福岡高裁で埋め立て承認を求め国と県が争っていた訴訟も16日に完全勝訴。年度内には最高裁での判決が出る見込みで、官邸は以前から司法決着を狙っていた。二階さんが行きたいというので、それなら対話と圧力両面で収めようということ」(同)

 翁長知事が小躍りしても、すべては官邸の思惑通りに進んでいるのである。

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載

新潮社

最終更新:9/29(木) 5:50

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。