ここから本文です

井岡一翔の脱税疑惑、総額は5億円以上…当の父親は「悪いけど、一切答えられへん」

デイリー新潮 9/29(木) 12:30配信

 2009年にデビューし、史上最速で3階級制覇を成し遂げた井岡一翔(かずと)(27)に、脱税疑惑が浮上している。大阪国税局のマルサの“標的”となっているのは、トレーナーで所属ジムの会長でもある父・一法(かずのり)氏だ。

 ***

 国税局関係者が明かすには、

「マルサが調査しているのは一法氏と、彼が代表を務める株式会社一伸です。この会社は興行やジム経営などを目的としており、一翔氏も取締役に名を連ねている。一法氏には現在、チケット売り上げの大半を所得として申告しなかった疑いなどが持たれています。悪質な脱税の時効に当たる7年前まで遡って精査し、所得隠しの総額は少なくとも5億円に上る」

 ボクシングの興行は、一法氏のようにライセンスを有するプロモーターが取り仕切る。その収益は、主に放映権料とチケットの売り上げだという。

「井岡がホームグラウンドにしているエディオンアリーナ(大阪府立体育会館)の収容人数は約8000席で、チケットの平均価格は1万円前後。施設の使用料やスタッフの人件費を差し引いても6000万円前後はプロモーターの手元に残る。一翔の試合は過去21戦のうち半数がタイトルマッチですから、一法氏が5億円貯め込んでいたと聞いても驚きません。チケットはジムと選手が後援者やスポンサーに売りますが、いくらで売買されたかは当事者にしか分からず、実際より少ない売り上げを申告しても露見しづらい」(スポーツ紙のボクシング担当記者)

■少ない金額でサインを要求

 一法氏の弟で、氏とは別のジムを構える元世界王者・井岡弘樹氏の妻が、チケット代に関してこんな話を打ち明ける。

「うちは一法さんのジムとは無関係ですし、国税局の調査も入っていません。ただ、昨年末でしたか、一法さんの関係者がうちを訪ねて来たことがあった。以前、私たちがチケット代として一法さん側に払った金額を確認してほしい、と。でも、手渡された書類に記されていたのは、実際に払ったよりも少ない金額だったのでサインはしませんでした」

 これが税務当局から提出を求められた書類だとすれば、“隠蔽工作”を疑われても仕方あるまい。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 12:44

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。