ここから本文です

森絵梨佳のヤンキー口調の毒舌が爽快すぎ!夏ドラマの助演女優賞【前編】

女子SPA! 9/29(木) 16:20配信

【夏ドラマを勝手に表彰! 助演女優賞 前編】

 2016年の夏ドラマ大賞を総評中の芸能ライターのスナイパー小林です。

 今クール、実は深夜ドラマが非常に楽しかった。映画もヒット中の『闇金ウシジマくん3(TBS)』に『ラブラブエイリアン(フジテレビ)』の2作が私のハートを射止めてしまった。

 何かと規制がキツくなってきているゴールデンタイム。「そこ、乳首がなかったらおかしいんじゃねえの?」というシーンも何事もなかったかのようにスルー。「演出でタバコを吸ったら教育問題」ではドラマの立場がまるでない。

 そこにきて、この2作はもうギリギリのラインまでやりたい放題だった。人の本音が炸裂、エロシーンも怖いものなし。深夜だからこそできる強みを余すところなく使っていた。そんな2作から助演女優賞のお二人を。

◆美人の毒舌が新しい快感の開拓地に

助演女優賞:森絵梨佳(ラブラブエイリアン/フジテレビ)

 森絵梨佳といえば浮かんでくるワードは美人だ。なにやら女性の“なりたい顔No.1”になったと話題にもなったが、そんなのは当たり前。好バランスなパーツ配置に印象的な程よいタレ目。いつも蒸気していそうなツヤ色肌に、しっとり髪。それでいて人妻だというのだから、女性の欲しいものをすべて手中にしているようなものである。

 モデルから女優として新しい道へ踏み出したものの、観る側の印象に残る作品がなかった。そこにきてドカンと登場したのが『ラブラブエイリアン』の宇田川由日子役だ。職業は美容師。友人と、なぜか宇宙人と一緒に一軒家に住む由日子。顔はむちゃくちゃ可愛いのに、スイッチが入るととんでもない毒舌になる。「はあ?」「てめえ!」のヤンキー口調をベースに相手へ突っ込んで行く様子はもう最高だ。

 第3話の合コンのシーンでは、宇宙人が本音スイッチを入れてしまったことも原因のひとつだが、セックス目当てで合コンに参加してきた男性たちに怒鳴った。いや、完全に脅していた。

「よくこんなバカ(男)ばっか集めたな!」

「おい、てめえ! ヤリモクできてるくせに(参加女性の)彼氏の有り無し気にしてんじゃねえよ!!」

「おいおい、美容師相手に髪型ディスるとか度胸ハンパねえな! そのカラーリング続けてたら3年後どんだけ毛量減るか、的確に予想すんぞ、コラ!」

 もう見ていて爽快そのものである。それもあの可愛い顔のまんま攻め込んでくるので、ブスが発するよりも相当ドスが効いていた。これから落ち込むことがあったら、この録画を見直して元気を出そうと思う。

 美女の毒舌は気持ちがよい。ドラマの新しい定義を森絵梨佳が教えてくれた。

◆深夜のあられもない下着姿に話題騒然

助演女優賞:光宗薫(闇金ウシジマくん3/TBS)

 光宗薫(みつむねかおる)という存在はノーマークだった。申し訳ないがどこぞの総選挙には女性のせいかあまり興味が持てないので、彼女が女優であることを認識していなかった。

 今回の『闇金ウシジマくん3』では、再現が一番難しいと言われたエピソード「洗脳くん編」で女性ファッション雑誌の編集者をしていた上原まゆみ役を演じた。まゆみは神堂という男に完全に洗脳され、仕事も家族も財産も失い、殺人に加担もすることに。それでも奴隷のように神堂についていってしまう。そんなどうしようもない汚れ役を光宗薫はモノにしていたのだ。

 ドラマ内ではAKB時代では考えられなかったであろう、下着姿での演技もしっかりと披露。ただスタイルがいいだけじゃない、鍛えられた体はやはり流行りの筋肉女子を意識していたのだろうか。

 まゆみは回を追うごとに落ちぶれていくのだが、その様子を目で魅せているのがすごく良かった。例えて言うなら獣を追う狩人の目。野生の瞳。あの目があるのなら、この女優はきっと今後も期待以上の作品を残してくれる。そんな予感がした。

<TEXT/スナイパー小林>

【スナイパー小林 プロフィール】

ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k

女子SPA!

最終更新:9/29(木) 16:20

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。