ここから本文です

今夜会える!奥渋谷の美人ワインバーオーナーと楽しむ大人の夜

東京カレンダー 9/29(木) 5:20配信

ワインバーオーナーは元レースクィーン!?齋藤菜月/『BAR SAITO』オーナー

渋谷駅から東急本店通りをゆるゆると歩いて行くこと約10分。近頃「奥渋」として、大人の間で盛り上がっている神山町に到達する。

【この記事の全ての写真】

確かに東急本店裏から富ヶ谷へと向かう一方通行は、カジュアルで小洒落たワインバーやビストロが其処此処に立ち並び、一部ではワイン通りとも呼ばれているとか。

その神山町の中ほどに約1年前にオープンしたワインバー『BAR SAITO』。カウンターとテーブル合わせて20席ほどのこじんまりとした店内は、あたたかみのあるウッディな内装で落ち着いた雰囲気。今回逢いに行った齋藤菜月さんとは、ここで待ち合わせ。

齋藤つながりでなんとも偶然・・・・・・ではなく、まさにこの菜月さんがバーのオーナーなのだ!

「覚えやすいように名前にしちゃいました!齋藤ってよくある苗字だし(笑)」

人懐っこく、よく笑い、とにかく明るい菜月さん。ボディコンシャスな黒レースのミニワンピースに、深紅のネイルとパンプスを合わせたセクシーなコーディネートにドキッとする。

「ファッションにもなるべく大好きなワインレッドを取り入れるようにしてるんです。お店の天井もワインレッドなんですよ!」

タレントのマリエさんを彷彿とさせるハッキリとした顔立ちで、しかもグラマーなナイスバディ。聞けば、かつて5年間ほどレースクィーンの経験があり、TVでタレント活動もしていたとか。

「好奇心旺盛なのでいろいろやってきました。でもTVの仕事は人とのコミュニケーションがあまりなくてつまらなかった。人と1対1で話したかったから、実家の近くで大好きなワインが飲めるお店を始めたんです」

何を隠そう、ここ神山町は菜月さんの地元。じつは彼女、渋谷区松濤育ちのお嬢さんなのだ。でも、お高く止まらず、オープンマインドで屈託のないところに、逆に育ちの良さを感じる。

「食事に合わせて毎晩ワインを飲むような家庭で育ったので、とにかくワインが大好きなんです。いいワインも要望に応じてグラス単位で飲める店にしたのも、私が飲みたいから(笑)。

だいたいシュワシュワ~白~赤っていう流れで、基本ずっと飲んでますね。つぶれることもよくあります(笑)」

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。