ここから本文です

マルコ・ポーロも讃えた中国の古都に SFのごとき近未来風景が広がる

CREA WEB 9/29(木) 12:01配信

Magnificent View #1094銭江新城(中国)

 悠久の歴史と、風光明媚な西湖の風景から、中国では昔から「地上の楽園」と言われてきた杭州。中国七大古都のひとつでもあり、13世紀には、マルコ・ポーロが「世界で最も美しく華やかな街」と讃えた地だ。

 そんなしっとりとしたイメージとは真逆の近未来的な街並みが広がるのが、銭塘江沿いにある副都心、銭江新城。政治経済の中枢、そしてエンターテイメント都市として、2001年に開発が始まったエリアだ。

 ここにあるのは、三日月のような形をした「杭州大劇場」や、金色に輝く球体の「国際会議センター」、銭塘江の上に張り出して作られた「都市バルコニー」など、巨大かつ斬新なデザインの建物ばかり。

 夜になればそれらがライトアップされ、一帯はまるでSF映画のような風景になる。

 古都の風情と近未来的な都市の機能をあわせ持つ杭州。マルコ・ポーロが訪れて約700年が経った今も、変わらず輝き続けている。

芹澤和美

最終更新:9/29(木) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。