ここから本文です

「不良の高齢者」を自任する火野正平という生き方

NEWS ポストセブン 9/30(金) 7:00配信

 現在は、視聴者から寄せられた手紙とともに日本各地を自転車で旅するドキュメンタリー『にっぽん縦断 こころ旅』(NHK BSプレミアム)で、自然体の人柄が人気を集めている火野正平(67)。

 子役としてデビューした火野正平の名前を最初に世に知らしめたのは、24歳で演じたNHK大河ドラマ『国盗り物語』の羽柴秀吉役だ。続いて『新・必殺仕置人』のレギュラーを得て、役者としての地歩を固めていく。しかし、その頃から女性スキャンダルが報じられるようになる。艶聞が噴き出したのだ。

「そんな状況の中で俺は、なんで芸能評論家に『すみませんでした』って謝らなきゃならんのかと思ってた。私生活にぶつぶつぬかすな、と。ただ、記事が書かれたことで仕事が減ったりするのはしようがないとも思ってた。

 でもね、役者って、1年間仕事しなくても、次に何かいい仕事をすれば、ずっと役者でいられるわけよ。だから、仕事が半年なかろうが、1年なかろうが、そんなに簡単に俺を捨てられへんやろとどこかで思ってた。仕事が来たらおもろいお芝居見せてあげるのに、という自信もどこかにあった」

 事実、スキャンダルの嵐が収まると、火野のもとにぽつりぽつりと仕事が戻ってくる。そんな中、火野の芝居の軸となったのは、『長七郎江戸日記』をはじめとする時代劇だった。火野らしい軽妙で、憎めない役が多かった。

「悪い役も随分やったけど、どこか救われるようなところがあったり、犯人の悲しみみたいなものを出せたらいいな、と思って演じてきた。どんな悪党でもちょっと許せるところがある、湿っぽかったらちょっと笑わせる、そんな役回りをずっとやってきた」

 刑事ドラマやサスペンスに出演しながらも、火野はいまも時代劇を切望している。が、時代の変化も痛感する。

「この頃のプロデューサーはヒーローをつくらないんだよな。時代劇には、これまで必ず時代時代のヒーローがいたんだよ。古くは三匹の侍がいたり、木枯し紋次郎や中村主水が出てきたり。アウトロー的なヒーローだよね。そういう格好いいヒーローのドラマなら、いくらでも出演したいんだけど」

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。