ここから本文です

女性200人が評価!モテ女のコミュ術TOP10

R25 9/30(金) 7:00配信

モテる女性をそばで見ていて「どこか違う…」と感じたことはないでしょうか。意識しているのか無意識なのかはわかりませんが、モテ女が男性の心をつかむコミュニケーションテクを持っているのは明らか。恋愛の始まりのやりとりで、アドバンテージを得られているに違いありません。そこで今回は、「『このオンナ、モテる!』と思う同性のコミュニケーション術」について知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました。

■「このオンナ、モテる!」と思うコミュニケーション術 TOP10
(全16項目のなかから上位3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 気遣いができる 261pt
2位 男性と話す距離が近い 116pt
3位 相槌や合いの手がほどよく、聞き上手である 106pt
4位 頭の回転が速い 100pt
5位 色気がある 96pt
6位 笑顔を絶やさない 92pt
7位 誰とでも仲良くできる 91pt
8位 誰にでも優しい 51pt
9位 男友達が多い 45pt
10位 天然ボケ/おっちょこちょい 43pt

【番外編】
11位 LINEなどメッセージの返信が早い 37pt
12位 猫みたいに気まぐれである 20pt
13位 秘密をしゃべらない 15pt
14位 どんなに忙しくてもスタンスが変わらない 7pt

ダントツで1位だったのは「気遣い」でした。2位の「距離」や5位の「色気」など、女性らしさを武器にした項目もランクインしていますが、4位の「頭の回転が速い」のように知的さを感じさせる項目も上位となっています。モテるコミュニケーションには艶っぽさと賢さが両方必要なのでしょう。続いて、それぞれの項目についてのコメントを見ていきましょう。

【1位 気遣いができる】
「男性は気が利く女性にキュンとすると思う」(24歳)
「気遣いのできる女の人は普段から気遣いのできる人だと思う。男の人は何気ない気遣いに弱い」(25歳)

【2位 男性と話す距離が近い】
「男慣れしてそう」(27歳)
「女としての自分に自信がありそう」(28歳)

【3位 相槌や合いの手がほどよく、聞き上手である】
「親近感を覚える」(28歳)
「男女を問わず人としても魅力的」(29歳)

【4位 頭の回転が速い】
「知的な感じがする」(24歳)
「一緒にいて楽しい」(29歳)

【5位 色気がある】
「純粋にうらやましい」(30歳)
「にじみ出る色気は女性にもウケると思う」(35歳)

【6位 笑顔を絶やさない】
「女性の笑顔が嫌いな男性はいない」(29歳)
「笑顔は女の武器だから」(29歳)

【7位 誰とでも仲良くできる】
「人としていいと思う」(28歳)
「誰とも仲良くできる人はコミュニケーション能力が高い」(29歳)

【8位 誰にでも優しい】
「男性から好かれそう」(23歳)
「優しい=いい子という認識を持たれてトクをする」(24歳)

【9位 男友達が多い】
「まずは母数が多くないと、恋愛に発展しづらいと思う」(24歳)
「すぐに異性と仲良くなれるのは羨ましい」(38歳)

【10位 天然ボケ/おっちょこちょい】
「守ってあげたくなるのではないかと思う」(24歳)
「周りが怒ったりムカついたりしない程度の可愛らしい天然ボケが一番可愛い」(27歳)

「わかる…。でも自分はできているかしら?」と若干反省してしまう意見がズラリ。男性と意識的に話をしながら、コミュニケーションスキルを磨いていきたいものですね。とはいえあまりやりすぎると同性の不評を買うもの。「あざとい…」と思われないギリギリを狙いたいところです。

(塩野容子)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/30(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。