ここから本文です

河北麻友子“英語”吹き替えに自信あり 恋愛禁止解禁に色気もチラリ

エンタメOVO 9/30(金) 18:02配信

 映画『GANTZ:O』のプレミア英語版アフレコ収録が30日、東京都内で行われ、河北麻友子が出席した。

 本作は、死んだはずの人間たちと謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉氏の漫画『GANTZ』の中でも特に人気が高い「大阪編」を基にしたフル3DCGアニメーション。

 第29回東京国際映画祭でプレミア英語版の上映が決定し、米ニューヨーク出身で英語が堪能な河北がヒロイン山咲杏の英語吹き替えを務めることになった。

 アフレコを終えた河北は「(日本語より)英語の方が自信あるので楽しみにしていたんですけど、普段は英語でお芝居をしないので不安もありました」と心境を吐露。

 しかし「始まっちゃえば、声に全ての神経を集中してお芝居ができることが楽しかった」そうで、普段話すときのイントネーションの癖が出て苦労したことも打ち明けつつ、「(英語だから)感情を入れやすく、ストーリーも面白いので、途中から杏ちゃんになって戦っている気持ちになりました。予定より早く終わったので、良かったんじゃないかな」と自信をのぞかせた。

 普段の会話は「英語60、日本語40」の割合で、「ファーストリアクションは全部英語になっちゃう。素を出しやすいのは英語じゃないかな」と話す河北。英語力を衰えさせないために、英字記事を読んだり、ニューヨーク在住の姉とは英語でコミュニケーションを取っていることも明かした。

 河北が所属する事務所は、25歳まで恋愛禁止という“ルール”があるが、11月28日の誕生日で解禁になることに話が及ぶと、「解禁と言われたからって(彼氏が)できるわけではないけど努力はしたい。女性として自分磨きをしたい」とにっこり。理想の男性を尋ねられると、「レディファーストができる人」と目を輝かせた。

 映画は10月14日から全国公開。

最終更新:9/30(金) 18:02

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。